暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

お盆・お彼岸

お彼岸のマナーで決してしてはいけない事、御仏前・お供物料、僧侶へのお布施とお車代の相場

投稿日:

お彼岸のイメージといえばお墓参り。なんだか縁起の悪い日でタブーな事がありそうな感じ・・・ちょうどお祝い事があるんだけれどそのままお祝いしても大丈夫なの?

そんな時に役立つお彼岸のマナーで決してしてはいけない事、御仏前・お供物料、僧侶へのお布施とお車代の相場をご紹介します。

スポンサーリンク
  

お彼岸のマナーで決してしてはいけない事はあるの?

お彼岸にはお墓参りをするのが一般的ですが、何かイメージ的に縁起が良くない日、お祝い事をしてはいけない日だと思っていませんか?

実はそんな事はまったくありません。そもそもお彼岸というのはご先祖様を供養し敬う期間すのでお祝い事をしてはいけないという取り決めなどは特にないのですね。

ただし親御さん世代の方達はお彼岸のお祝い事は不謹慎だと思っていたり、昔からの風習が根付いている地域でお祝い事をあえてしないという所もありますので、親御さんの意向やその地方の風習にこのようなものがないかを前もって確認しておくといいでしょう。

このような風習はご先祖さまを敬う日に自分たちのお祝いを優先してはいけないという考え方からきています。

そもそもお彼岸というのは仏教kら来ていますが、お彼岸の期間中にこれをしてはいけないといった決め事は特にありません.

お彼岸中に結婚式を上げたり新しい契約をしたり子供さんの七五三の写真を撮ったりするのも問題はありませんが、人によっては気にする方もいるので家族や親御さんに相談してみましょう。

お祝いごとをする場合でもお彼岸の期間中はご先祖さまの供養を優先しましょう。

お彼岸のマナー。御仏前・お供物料の相場

お彼岸のお供物には品物の他に現金を包んでお渡しする場合もあります。

こんな場合のお供物料の相場は一般的に3000円から5000円位です。品物を贈る場合の相場も同様で3000円から5000円位になります。

しかし必ず包まなければならないといった事ではありません。品物と現金のどちらでも構いませんのでこの辺は臨機応変に対応すればいいですね。

あまり高額だと相手さまが恐縮してしまいますので気をつけましょう。お供物料は結び切りの不祝儀袋を用意しましょう。

水引の数は奇数が多いですが、中でも5本水引のものを使う場合が多いです。お急ぎの場合はコンビニでも置いてありますので利用すると便利ですね。

■一般的なお供物料の相場

3000円~5000円位

スポンサーリンク

お彼岸のマナー。僧侶へのお布施と御車代の相場

お彼岸には個々にお墓参りをする場合とお寺にお願いして法要をしてもらう場合があります。法要をお願いする場合にはお寺や僧侶にお礼の気持ちとしてお布施を包むのが一般的です。

この場合のお布施は3万円~5万円位が一般的な相場になります。これはあくまでも目安で5万円以上を包む場合もあります。

法要に参加する場合のお布施は3000円~1万円位が一般的な相場になります。これもあくまでも目安になりますので1万円以上を包む場合もあります。

故人さまがお亡くなりになってから初めての初彼岸にお願いする場合のお布施相場も上記と同様の金額になりますのでぜひ参考にされてみて下さいね。

お渡しする際には表書きにお布施または御布施と書いてからお渡ししましょう。ただしこの場合は直接手渡しするのは失礼にあたりますので、必ずふくさに包んだり、お盆に乗せて渡すようにしましょう。

またご自宅での法要に遠方から住職さまが見えてくれた場合にはお車代としてお布施とは別に包みましょう。

この場合のお車代は2000円~5000円位が一般的な相場になります。これもあくまでも目安でお運び頂いた距離が遠い場合はこれを考慮して5000円以上を包む場合もあります。

渡す際の封筒には御車代と書きましょう。この場合もお布施と同様に直接手渡しするのは失礼にあたりますので、必ずふくさに包んだり、お盆に乗せて渡すようにしましょう。

■一般的なお布施の相場(依頼する場合)
 3万円~5万円位

■一般的なお布施の相場(参加する場合)
 3000円~1万円位

■一般的なお車代の相場

 2000円~5000円位

こちらでは他にもお彼岸の意味や時期、お供え物&行事食、さらに喪中のお彼岸の過ごし方やお墓参り、お彼岸にしてはいけないタブーな事などお彼岸に関する色々な疑問を解決するノウハウ&マナー集をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

■お彼岸の意味や時期、お供え物&行事食等の疑問を解決するマナー集

まとめ

いかがでしたでしょうか?実際にお彼岸には何をして過ごしたらいいの?そんな時の為にこちらでお彼岸の過ごし方を少しご紹介しておきますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

【お彼岸の過ごし方】

・仏壇・仏具を綺麗にする
・おはぎ、ぼたもち・お花をお供えする
・朝晩、灯明を灯しお線香をあげる
・お墓を綺麗にする
・お墓参りに行く
・中日に夕陽を拝む

常日頃、私たちが幸せに暮らしていられるのもすべてご先祖さまあってのものです。お彼岸に限らずそんなご先祖さまへの感謝を日頃から忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

-お盆・お彼岸
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お盆の過ごし方。由来と起源、期間と風習、帰省ラッシュの回避方法

毎年お盆の時期には実家に里帰りしてご先祖さまのお墓参りに行くのですが、そもそもお盆の意味って何?ふと疑問に思ったことはありませんか? スポンサーリンク こちらではそんなお盆の過ごし方や由来と起源・期間 …

お彼岸の意味と由来。2017の時期と行事、お墓参りとお供え物

今年のお彼岸ていつだっけ?何をして過ごせばいいの?そもそもお彼岸の意味って何? スポンサーリンク そんな時に役立つお彼岸の意味と由来について、2017 お彼岸の時期、さらにお彼岸にする行事。お墓参りと …

お彼岸に贈ると喜ばれるお供え物の選び方と相場、掛け紙の種類と表書きの書き方

お彼岸にお墓参りに行くことになったけれど故人さまに贈るお供え物って大体いくらくらいなの?そもそもどんな物を選んだらいいのかわからない・・・ スポンサーリンク そんな場合に役立つお彼岸に贈ると喜ばれるお …

お彼岸の行事食におはぎやぼたもちを食べるのはなぜ?違いと由来、精進料理&懐石料理

お彼岸にはなぜおはぎやぼたもちを食べるの?食べるようになったきっかけは何?また行事食の精進料理や懐石料理ってなぜ食べられるようになったの? スポンサーリンク などなどお彼岸の色々な疑問を解決するのに役 …

お彼岸の花で贈ってはいけない種類と贈るのにおすすめな種類、相場とメッセージカードの例

お彼岸に花を贈る場合は彼岸入りやその前の日までに贈るのが一般的です。 スポンサーリンク お墓参りなどで不在の場合なども考えられますので、前もって外出などの予定をお伺いしておくといいですね。 こちらでは …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら