暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

季節のイベント

川内大綱引2017の穴場探し。日程とアクセス、穴場スポット&駐車場

投稿日:

今年は鹿児島県の薩摩川内市内で開催される大迫力の「川内大綱引」で盛り上がりたい!

でもせっかく出かけるなら川内大綱引が一番よく見える穴場スポットを探したい・・・

そんな時に役立つ川内大綱引2017の穴場探し。日程と交通アクセス、移動が便利な穴場スポット&見どころ、さらに穴場の駐車場をご紹介します。

スポンサーリンク
  

川内大綱引2017の穴場探し。日程と交通アクセス

川内大綱引は鹿児島県指定無形民俗文化財に指定されている大人気イベントです。

そんな川内大綱引2017の日程と交通アクセスをご案内します。

【 開催日程&詳細 】

■ 川内大綱引

■ 開催日時 2017年 9月22日(金)*雨天決行

19:00 神事
20:00 本綱開始
22:00 終了

■ 開催会場 〒895-0025 鹿児島県薩摩川内市向田町 国道3号線向田側 

■ 交通アクセス JR肥薩おれんじ鉄道川内駅から徒歩10分 薩摩川内都I.C.から約10分

■ 観覧場所

■ 川内大綱引保存会 公式ウェブサイト

■ お問い合わせ 川内大綱引保存会 0996-21-1851

川内大綱引の穴場スポットと見どころ

川内大綱引は国道3号線向田側の太平橋通りで開催されます。

川内大綱引のメイン会場の中でも一番見ごたえのある穴場スポットがありますのでこちらでご紹介しておきますね。

■川内大綱引の穴場スポット だん木周辺

綱引きの中央周辺で最も混雑するポイントですが、ここからの見る綱引きはまさに大迫力です。ただしあまり近づきすぎると危険ですので、ある程度の距離をとりましょう、係員さんがいる場合は必ず指示に従って下さい。


■川内大綱引の見どころ

川内大綱引は毎年約3000人の観客が訪れます。綱引きには人数制限はなく制限時間は2時間で両陣営が戦いを繰り広げます。勝つとその年は商売繁盛するといういわれがあります。

川内大綱引の見どころはなんといっても20時から開始される上半身裸にサラシ、空手ズボンに地下足袋の川内大綱スタイルの男衆が激しいぶつかり合いを魅せる大迫力の本綱引きですね。

綱の中央に押し隊と呼ばれる布陣がおり相手側に突進していき敵の体制を崩します。相手がひるんだすきに合い図により一気に綱を引いていきます。

そして激しい攻防戦の末、自軍の陣地に相手を引き入れれば勝ちになります。

長さ365メートル、直径約40センチ、重さ7トンの日本一大きな綱を激しく引き合う様子はまさに圧巻の迫力です。


■川内大綱引き2016

川内大綱引で移動が便利な穴場駐車場選び

さて前の章では穴場スポットや見どころをご紹介しましたが、車での移動の場合は近くの駐車場の確保が必要になります。

こちらでは川内大綱引で移動が便利な穴場駐車場をご紹介します。マイカーで川内大綱引に行きたい場合、当日は仮設の無料駐車場は確保されませんので有料の駐車場を利用することになります。

川内大綱引メイン会場付近で移動が便利なおすすめの穴場駐車場は「川内駅」周辺の有料駐車場になります。

ただし当日の国道3号線とその周辺で交通規制がありますので車の移動時間に注意しましょう。

■「川内大綱引」交通規制図

スポンサーリンク
【 川内駅周辺の穴場駐車場 】

■川内駅西口駐車場(川内駅から108m 徒歩約2分)

・所在地  鹿児島県薩摩川内市鳥追町8
・営業時間 24時間営業
・収容台数 106台 
・利用料金 入庫後1時間無料 以降7時間迄1時間毎¥150 入庫後7時間以降24時間迄¥900 以降24時間毎¥600

■薩摩川内市営横馬場駐車場(川内駅から452m 徒歩約6分)

・所在地  鹿児島県薩摩川内市横馬場町2550-1
・営業時間 6:00-22:00
・収容台数 100台 
・利用料金 入庫後1時間無料 以降6時間迄1時間毎¥100 入庫後6時間以降48時間迄¥500 以降24時間毎¥500

■隈之城川公園駐車場(川内駅から108m 徒歩約2分)

・所在地  鹿児島県薩摩川内市神田町2
・営業時間 24時間営業
・収容台数 82台 
・利用料金 入庫後1時間無料 以降7時間迄1時間毎¥100 入庫後7時間以降24時間迄¥600 以降24時間毎¥600

*先にご紹介しました様に当日の会場周辺では交通規制があり、かなり混み合いますので、早めの到着を見越して先にマイカーを駐車場に止めておくようにしましょう。

まとめ

さてこちらでは川内大綱引2017の穴場探し。日程と交通アクセス、移動が便利な穴場スポット&見どころ、さらに穴場の駐車場をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

川内大綱引を近くで見たい為に必要以上に近づくのは危険な場合があります。事故が起こりやすい会場中央付近などでは係員の方が誘導してくれていますので、そういった場所では必ず係員さんの指示に従うようにして下さいね。

当日はかなりの混雑になりますのでなるべく動きやすい服装と歩きやすい靴で出かけましょう。

9月に入ってもまだまだ暑い日が続いていますので、飲み物などを用意して熱中症に注意しましょう。

ぜひ大迫力の「川内大綱引」を思い切り楽しんできて下さいね♪

スポンサーリンク

-季節のイベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

せともの祭で移動が便利な周辺宿泊施設の選び方と特徴&交通アクセス

せともの祭は陶磁器販売はもちろんのことそれだけではなく色々な催し物やイベントが数多く開催されます。 スポンサーリンク 1日中いても飽きないほどの充実した催し物やイベントはたとえ陶磁器ファンでなくても足 …

檜枝岐歌舞伎2017で移動が便利な宿泊施設選び、宿の特徴と交通アクセス

今年は夫婦で檜枝岐歌舞伎に行きたいのだけれど自宅からかなり離れているので日帰りで見に行くには少し厳しい・・・できれば泊まりでゆっくり出かけたい・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ檜枝岐歌舞伎の会 …

目黒のさんままつり2017での宿泊施設の選び方と特徴、交通アクセス

目黒のさんままつりは岩手県宮古漁港から直送される新鮮なさんまを炭火で焼いて無料でふるまってくれる東京は目黒駅前で開催される秋の人気イベントです。 スポンサーリンク 目黒のさんままつりにぜひ行ってみたい …

六本木ヒルズ観月会2017のお月見デートでの宿泊施設選びと宿の特徴&交通アクセス

彼女とふたりで六本木ヒルズ観月会でお月見デート♪ スポンサーリンク でも家からかなり遠いから彼女さえよければ日帰りじゃなく一泊で出かけたいなぁ・・・ そんな時に役立つ六本木ヒルズ観月会のお月見デートで …

館跡自然観察会 ヤマユリと夏の植物の宿泊施設の選び方と特徴、交通アクセス

夫婦で館跡自然観察会 ヤマユリと夏の植物に行きたいのだけれど自宅から少し離れているので日帰りするには少し厳しい・・・できれば泊まりでゆっくり出かけたい。 スポンサーリンク そんな時に役立つ館跡自然観察 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら