暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

夏祭り・秋祭り

しながわ宿場まつり2017の穴場探し。日程とアクセス、穴場スポット&駐車場

投稿日:

しながわ宿場まつりは東海道五十三次の最初の宿場町、品川宿にちなんで毎年9月に開催される大人気イベントです。

今年はそんなしながわ宿場まつりで盛り上がりたい時に役立つしながわ宿場まつり2017の穴場探し。日程と交通アクセス、移動が便利な穴場スポット&見どころ、さらに穴場の駐車場をご紹介します。

スポンサーリンク
  

しながわ宿場まつり2017の穴場探し。日程と交通アクセス

しながわ宿場まつりは江戸情緒あふれる催し物がいっぱいの人気イベントです。

そんなしながわ宿場まつりの日程と交通アクセスをご案内します。

【 開催日程&詳細 】

■ しながわ宿場まつり

■ 開催日時 2017年 9月23日(土)24日(日) 11:00~20:00

■ 開催会場 品川区北品川2-18-19 東海道品川宿周辺

【 交通アクセス 】

■ 京浜急行北品川駅/新馬場駅/青物横丁駅から徒歩1分

■ 開催場所

■「しながわ宿場まつり」公式ホームページ

■ お問い合わせ ・品川区北品川2-18-19 品川宿交流館 03-3472-4772

しながわ宿場まつりの穴場スポットと見どころ

■しながわ宿場まつりの穴場スポット

しながわ宿場まつりの穴場スポットはやはり見どころのひとつ「花魁(おいらん)道中」が見られる「東海道八ツ山口~品川橋」になります。

しながわ宿場まつりの当日は毎年大人気なのでかなり混雑する事が予想されます。ですので当日はなるべく早めに会場に行っておく事をおすすめします。

■しながわ宿場まつりの見どころポイント

しながわ宿場まつりは2日間にわたって開催されます。1日目と2日目、それぞれに見どころがありますのでここで少しご紹介しますね。

まず1日目の見どころは「花魁道中」です。艶やかな衣装に身を包んだ花魁が品川の町を練り歩く姿はまさに妖艶そのものです。

なお花魁道中へは下記の費用で一般参加もできますので我こそは!とお考えの場合には江戸時代の人々になりきって参加してみるのも楽しいですね。


【 花魁道中の参加費用 】

・おいらん役 5万円
・新造役   3万円
・手古舞役  1万円
・かむろ役  1万円

2日目の見どころはやはり「江戸風俗行列」ですね。これは町娘や飴売り等、江戸町人の衣装に身を包んだ人々が品川の町を練り歩きます。

しながわ宿場まつりではその他にも下記のような催し物が楽しめます。


【 しながわ宿場まつりの催し物 】

・街頭紙芝居
・物産展
・和太鼓の演奏
・辻芝居
・辻落語
・火渡り荒行
・辻落語
・昔のおもちゃ作り
・野菜のつかみ取り
・露店

■しながわ宿場まつり @ 2016

しながわ宿場まつりで移動が便利な穴場駐車場選び

さて前の章ではしながわ宿場まつりの穴場スポットやおすすめポイントをご紹介しましたが、車で出かける場合にはお祭り近くにある駐車場の確保が必要になります。

マイカーでしながわ宿場まつりに行きたい場合、仮設の無料駐車場は確保されませんので有料の駐車場を利用するのがおすすめです。

スポンサーリンク

こちらではしながわ宿場まつりの会場に一番近くて比較的収容台数が多く移動が便利な穴場の駐車場をご紹介します。

【 しながわ宿場まつり会場の目黒駅に一番近い穴場駐車場 】

■リパーク北品川2丁目

・所在地  東京都品川区北品川2丁目30-28
・営業時間 24時間営業
・収容台数 31台 
・利用料金 通常料金00:00~7:00 60分/¥100 7:00~22:00 25分/¥200 22:00~00:00 60分/¥100
最大料金7:00~22:00 最大料金入庫後24時間以内2000円

■Kパーキング北品川時間貸駐車場

・所在地  東京都品川区北品川2-1
・営業時間 24時間営業
・収容台数 12台 
・利用料金 時間料金 8:00-22:00 ¥200 20分 22:00-翌8:00 ¥100
      最大料金 8:00-22:00 ¥2,000 22:00-翌8:00 ¥500
      

■NPC24H北品川駅前パーキング

・所在地  東京都品川区北品川1-2
・営業時間 24時間
・収容台数 20台 
・利用料金 時間料金 20分/200円(8時-22時) 60分/100円(22時-8時)
      最大料金 24時間毎 2,400円 全日夜間 500円(18時-8時)

■御殿山トラストシティ駐車場

・所在地  東京都品川区北品川4丁目7-35
・営業時間 24時間営業 
・収容台数 70台 
・利用料金 全日 0:00-24:00 30分¥260

■NPC24H大崎1丁目パーキング

・所在地  東京都品川区大崎1-16
・営業時間 24時間営業 
・収容台数 61台 
・利用料金 時間料金 20分/200円(8時-22時) 60分/100円(22時-8時)
      最大料金 24時間毎 2,400円 全日夜間 800円(18時-8時)

*当日の会場周辺は一部交通規制があり、かなり込み合う場合もありますので、早めの到着を見越して先に車を駐車場に止めておく事をおすすめします。

まとめ

さてこちらではしながわ宿場まつりの穴場探し。日程と交通アクセス、移動が便利な穴場スポット&見どころ、さらに穴場の駐車場をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

9月下旬といえどもまだまだ気温が高くなっている場合も多く、屋外で長時間過ごすことになりますのでくれぐれも飲み物や熱中症対策も忘れないようにしましょう。

江戸情緒あふれるしながわ宿場まつりをぜひ思い切り楽しんできて下さいね♪

スポンサーリンク

-夏祭り・秋祭り
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岸和田だんじり祭2017で移動が便利な宿泊施設の選び方と特徴&交通アクセス

岸和田だんじり祭は大阪の岸和田市で開催される男衆による迫力あるだんじりと呼ばれる山車の曳きまわしが楽しめる大人気のお祭りです。 スポンサーリンク そんな岸和田だんじり祭にぜひ行ってみたいけれど家からは …

角館のお祭り2017で移動が便利な宿泊施設の選び方と特徴&交通アクセス

角館のお祭り「角館祭りのやま行事」は国指定重要無形民俗文化財に指定されている日本三大喧嘩祭りの1つです。 スポンサーリンク 山車同士のぶつかり合い「やまぶっつけ」が大迫力の秋田を代表するお祭りです。 …

小牧平成夏まつり&七夕祭りの穴場探し。日程とアクセス、穴場スポット&駐車場選び

たまには家族サービスでみんなを夏まつりにでも連れていくかぁ。でもあんまり混みあうのは勘弁。なるべくなら混雑を避けて楽に出かけたいなあ・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ小牧平成夏まつり&#038 …

飛騨古川きつね火まつり2017で移動が便利な格安宿泊施設の選び方と特徴&交通アクセス

飛騨古川きつね火まつりは名物の風情あふれる飛騨古川の町や瀬戸川沿いを灯火の明かりをゆらめかせながら練り歩くきつねの嫁入り行列のおごそかな雰囲気が楽しめる大人気のおまつりです。 スポンサーリンク そんな …

福岡放生会2017で移動が便利な宿泊施設の選び方と特徴&交通アクセス

福岡放生会は「博多どんたく」「博多祇園山笠」とともに博多三大祭りの1つで、約700店舗の露店が楽しめる大人気のお祭りです。 スポンサーリンク そんな福岡放生会にぜひ行ってみたいけれど家からはかなり距離 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら