暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

年中行事

中秋の名月にお月見をするようになった由来と起源、中秋の名月はいつ?月が上手に撮れるスマホ写真撮影方法

投稿日:

中秋の名月の日には今年もお団子とすすきを飾りお月見。でも中秋の名月の由来ってそもそも何?

そんな疑問に答える中秋の名月にお月見をするようになった由来と起源、中秋の名月はいつ?月が上手に撮れるスマホ写真撮影方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

中秋の名月にお月見をするようになった由来と起源

中秋の名月の日にはお団子とすすきを飾ってお月見をします。本来はその年に採れた物をお供えしたのが起源です。

夏場はまだと外もかなり暑いですが、9月後半になりますと比較的涼しくなります。そんな過ごしやすい季節の中で鈴虫の音色を聴きながら満月を眺めるのは風流ですよね。

秋の気配漂う過ごしやすい気温と澄んだ空気の中で満月を愛でる。また澄んだ空気の中で見ると満月もより綺麗に見ることができます。

そんな中秋の名月の日にお月見をするのは日本の良い文化のひとつですが、もともとは唐時代の中国から平安時代の日本に伝えられたといわれています。

満月にちなんで豊作や家族円満を祈ったことがきっかけだといわれています。中秋の名月は別名十五夜とも呼ばれていますね。

■お月見の際のお供え物例

・月見団子   豊作祈願や収穫祝いに米子で団子を作ったのがはじまりです。15個の団子を下から9個・4個・2個の順番に積んで供えます。
・すすきと花瓶 稲穂に似ているので豊作祈願を祈って飾ります。
・秋の七草   桔梗・尾花・葛・女郎花・撫子・藤袴・萩の7種類の草花を飾ります。七草がゆに使われる七草とは違いこちらは観賞用です。
・芋類、果物  収穫祈願や子孫繁栄を表す縁起物の里芋などのイモ類や旬の野菜、果物を大皿やザルに飾る場合もあります。

中秋の名月にお月見をする日っていつなの?

中秋の名月とは秋分の日に一番近い日の満月の事を指します。ですので必然的に毎年日にちは変わってきますね。

「中秋」というのは旧暦の言い方で、旧暦の秋は7、8、9月になります。この三カ月間の真ん中の8月15日あたりが中秋にあたります。

しかしこれは旧暦でのお話ですので今の暦で言うところでは9月28日あたりになります。

中秋の名月が満月とは限りません。次に中秋の名月が満月になる日は2021年といわれています。

中秋の名月にお月見。月が上手に撮れるスマホ写真撮影方法

写真好きやカメラマニアの方の場合は綺麗な満月の写真を撮影したいものです。綺麗に月の写真が撮れたらSNSにアップするのもいいですよね。

こちらではそんな時の為に役立つ月が上手に撮れる写真撮影方法をご紹介します。

スポンサーリンク

普通に撮影すると明るくなりすぎて、月に浮き出たうさぎがうまく撮れない場合も多いです。

比較的明るい時間に出ている月はスマホで普通に撮っても綺麗に撮れやすいですが、いったん日が落ちてしまうと少し設定が必要になります。

まず構図ですが、月だけを撮影しても味けない写真になる場合が多いですので、少し背景を入れた方がいいですね。これによって写真全体にいい味わいが出ます。

次にスマホ用のカメラアプリを使った方法を2パターンご紹介します。

【 スマホカメラアプリ「Camera+」の設定方法 】

スマホのカメラアプリを起動します。

ポイントは露出(明るさ)とフォーカス(ピント)を別々に設定できるカメラアプリを使うのが月を綺麗に撮影するコツです。

露出は月と同じくらい明るいもの蛍光灯の光などにに合わせる様にします。

まず Camera+ の画面内をタップすると「露出」と「焦点」枠が出てくるのでここで「鍵マーク」をタップします。

次にズーム合わせですが Camera+ は6倍までズーム可能ですので最大限までズームして月にピンとを合わせます。

この設定で撮影すれば月のクレーターまで撮影できるはずです。

【 スマホカメラアプリ「HTC One M9」の設定方法 】

スマホのカメラアプリを起動します。そしてパラメーターのISO値・シャッタースピード・ホワイトバランスを調整します。

■スマホカメラアプリのパラメーター設定

・ISO値      最低レベル~100程度に設定
・シャッタースピード 1/100~ 1/2000秒に設定
・ホワイトバランス  「オート」または「太陽」に設定

スマホのカメラですのではっきりと鮮明に撮影することは難しいですが、この設定をすれば格段に綺麗に撮影できますのでおすすめです。

どちらのスマホカメラアプリの場合でも手ぶれに注意して撮影してみましょう。撮影した月を拡大してトリミングしても面白いかもしれませんね。

■「中秋の名月」『おやさと百景』

■その他にも「お月見団子を供える意味と由来、簡単レシピと美味しい食べ方&飾り方」をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒こちらから読む

まとめ

家族みんなで縁側に出て鈴虫の音色を聴きながらお月見をしてお団子などを食べて、月をバックにして家族で記念撮影するなんていいですよね。

日本の家族だんらんの図といったところでしょうか。カレンダーや暦上の催し物やイベントなどを普段の生活に少し取り入れてみるとなにげない日常でもお金をあまりかけずに楽しめる事が多いですね。

ぜひ家族みなさんで思い出に残る秋のひとときを過ごしてみて下さいね。

スポンサーリンク

-年中行事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

土用丑の日の習慣。由来と起源、行事食うなぎの美味しい調理法

土用丑の日はうなぎを食べる習慣があるけど、そもそもなぜうなぎを食べるのか?疑問に思ったことはありませんか?こちらではそんな土用丑の日の習慣や由来と起源、行事食であるうなぎの美味しい調理法についてご紹介 …

お月見団子を供える意味と由来、簡単レシピと美味しい食べ方&飾り方

今年の十五夜には家族みんなでお月見でもしたいな♪でもあんまりお金はかけなくないので家に作ろうと思っているんだけれど、実際どうやって作るんだろ? スポンサーリンク そんな時に役立つお月見団子を供える意味 …

お中元の贈り方。お中元のお返しとお礼状に返事は必要?

会社でいつもお世話になっている上司にお中元を贈りたいのだけれど、実際のところどんな品物をいつ贈ればいいのか・・・ここではそんな時に困らないようにする為のお中元の贈り方。時期とマナー、PCから印刷して使 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら