暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

グルメ・食べ物・飲み物

ワインの豆知識。原料、種類と製造方法を知ってあなたもワイン通になろう

投稿日:

最近はお値段も手ごろなものが増えてきてさらに身近になってきたワイン。ここではワインを気軽に楽しむための知識等をご紹介します。

ワインについて詳しくなっておけば友達に教えてあげたり、家庭で楽しんだりすることができます。食や味覚の幅も広がりますよ。

スポンサーリンク
  

ワインの知識編。原料は何からできてるの?

実は私は今、実家で茶園業を営んでいるのですが、前職はリゾートホテルのダイニングでワインを選んだりサービスしたりするソムリエの仕事をしていました。

そこで少しでもワインについてご参考になればと思い、ワインについての知識をお話させて頂こうと思いました。ぜひ読んでみて下さいね。

さて本題ですが、ワインの原料はぶどうから造られています。ワインには赤と白がありますが、どうして色の違いがあるのかご存知でしょうか。実は造り方に秘密があるのです。

ワインを醸造する場合、赤ワインの場合は皮をつけたままで造ります。そうです、ぶどうの皮の色の色素がワインの色になっているわけです。反対に白ワインは皮を完全にむいた状態で造ります。

ですので皮の色がワインにつかず、白くなる訳です。それではロゼワインは?

ロゼの場合は最初に皮つきのままのぶどうで造り始め、途中で皮をはずします。ですので皮の色素が完全にワインに移らずにピンク色に仕上がるということになります。

ワインの知識編。どんな種類があるの?

先の章でお話しましたようにワインには赤と白、そしてロゼといった種類があります。その3つの中でもそれぞれに違う味わいがありますので細かく分けると非常に豊富な種類になります。

ワインの味の表現ですが、白ワインの場合は甘口、辛口があります。赤ワインは基本的にほとんどのものが辛口になりますが(一部のドイツワインで甘口のものもあります)赤の場合は軽い、重いといった表現も使います。ロゼワインには辛口と甘口のものがあります。

赤ワインにはタンニンと呼ばれる渋みがあります。この渋みが少ない場合は軽く、多い場合は重いワインになります。

さらに同じ銘柄のワインでもそれぞれ瓶ごとに味わいが違う場合があります。これはタンク内から瓶に移す際に、タンクの上側か下側かによっても味わいに微妙な差が生まれることがある為です。

ステンレスタンクの場合はこういったことはあまり起こりませんが、樫樽などの場合は発酵状態が非常にデリケートになりますので起こりやすいです。

基本的に味わい別のワインの種類は大きく分けて下記の9種類ほどになりますが辛口、甘口それぞれの中でもさまざまなぶどう品種があり、それぞれ味わいが違いますのでこの限りではありません。

またシャンパンやスパークリングワインといった発泡性のワインもあります。これはビン詰めした後の2次発酵により炭酸を造りだすタイプのワインです。

スポンサーリンク

シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で造られるものだけを指します。その他の国や地域で造られるものはスパークリングワインといいます。これらも辛口、中辛口、甘口と味わいはさまざまです。

【 味わい別 ワインの種類 】

●白ワイン 甘口 フルーティーなタイプ、甘味が強いタイプ
●白ワイン 辛口 さわやかなタイプ、コクのあるタイプ
●ロゼワイン甘口 フルーティーなタイプ 、甘味が強いタイプ
●ロゼワイン辛口 さわやかなタイプ、コクのあるタイプ
●赤ワイン 辛口 軽く渋みが弱いタイプ
●赤ワイン 辛口 重く渋みが強いタイプ
●赤ワイン 甘口 (ドイツワインの一部等)
●シャンパン 辛口、中辛口、甘口
●スパークリングワイン 辛口、中辛口、甘口

ワインの知識編。製造方法を知ろう

その昔、まだワインがなかった頃、収穫したぶどうをそのまま置いておいたら自然に発酵して偶然にワインがぶどう酒ができたというのがワインの起源です。

発酵食品の納豆も同じように大豆をほっておいたら納豆ができていた様です。

始めてワインを飲んだ昔の人はさぞ驚いたことでしょうね。それからずいぶん経ち、今では一般的に飲まれるようになりました。

昔の人はワインを造る時に足で潰してぶどう果汁を絞っていました。今では完全に機械による製造でオートメーション化されている蔵元が多いですね。

それではワインの製造方法をお話しますね。秋口になりぶどうの実が熟してきます。ぶどうの糖度がマックスになった時点で収穫します。

収穫されたぶどうを機械により房の軸を取り除きます。その実を皮や種ごとタンクに入れて発酵させます。発酵というのはぶどうに含まれている糖分を酵母菌によってアルコールに変えることをいいます。こうしてだんだんとぶどうジュースがワインに変身していく訳です。

十分に発酵したら圧搾機械にかけてぶどうの皮と種を取りのぞきます。これを別のタンクに移し変えて熟成させます。ちなみにこの時に使うタンクはステンレス製のものが多いのですが、樫の樽を使う場合もあります。この場合は樫樽の木のよい香りがワインに移ってより深い味わいのワインになります。 

熟成の最中にはオリと呼ばれるぶどうのアクのようなものが沈んできますので、何度かこれを取り除きながら熟成を続けます。こうしたできたワインはさらにろ過されて瓶詰めされ完成となります。

■こちらの記事の他にもワインに関するノウハウ集&まとめ記事をご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね♪
⇒続きを読む

まとめ

1、赤ワインと白ワインの違いは発酵途中に取り出すぶどうの皮のタイミング。
2、ワインには基本的に7種類の味わいがありますがさらに複雑で楽しめます。
3、ワインの作り方を知った上で飲めば普段のワインもさらに楽しめる!

いかがでしたでしょうか?最近は大分庶民にもなじんできましたが世間では以外と難しいといわれがちなワイン。しかし要は自分にあった美味しいワインを見つけてお料理とともに自由に楽しむことが大切なのです。

スポンサーリンク

-グルメ・食べ物・飲み物
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワインは健康維持に効果あり!成分や効果は?体にいい適量はどれくらい?

実はワインはアルカリ性の健康飲料です。体にいい成分がたくさん含まれていますが、これには適量を飲むことが大切で、飲む量には注意が必要です。 スポンサーリンク ワインの成分や効能、適量を知ることで健康的な …

ワインの選び方をご紹介。酒販店やレストランで選ぶ場合とワインの保管方法

ワインってたくさん種類がありすぎて実際どのワインを選べばいいの?そんな風に思って困ったことはありませんか? スポンサーリンク ここではそんな時のために酒販店編とレストラン編に分けてそれぞれ解説してみた …

うなぎの健康効果。栄養素と効能、夏バテ解消の食べ方やアレルギー予防策

夏になり仕事も忙しいし最近どうも疲れやすい・・・もしかしてこれって夏バテ?何か精がつく物を食べたいなぁ・・・そんな時にはうなぎがおすすめ♪ こちらではそんなうなぎの健康効果や含まれる栄養素ごとの効能、 …

ワインソムリエ資格取得の為の試験に必要な知識やレストラン経験は?

以前にドラマなどで話題になったこともあるソムリエというお仕事。タキシード姿でお客様にワインをサービスするあの職業です。 スポンサーリンク そのスマートな立ち振る舞いやお客様にワインをサーヴをする姿にあ …

ワインの楽しみ方編。味の見方と家庭料理との相性、ワイングラスの種類をご紹介

ワインは一般的に難しい飲み物だというイメージがありますが、実は親しみやすい飲みものです。ここではソムリエ仕込みのワインの味わいの見方やワインと相性がいい家庭料理のメニューなどをお話しますね。 スポンサ …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら