暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

大掃除

大掃除がスムーズにはかどる順番とコツ&注意点ポイント、必要な物

投稿日:

今年も残りわずかとなってきました。年末の忙しくなる前にできたら大掃除をしておいてすがすがしい気分で新年を迎えたいものですね。

実は大掃除をスムーズに行うにはちょっとしたコツがあるのを知っていましたか?このコツを知っているのといないのとでは大違いです。

こちらではそんな時に役立つ大掃除がスムーズにはかどる順番とコツ&注意点ポイント、必要な物などをご紹介します。

年末の忙しい時期になるべく短時間で大掃除を済ませる為にもせひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
  

大掃除がスムーズにはかどる順番とコツ

大掃除をするにはまずどういった順番で行うのか計画を立てておくことが大切です。

掃除場所ごとのチェックリストを作っておきてお掃除が済んだらチェックしていってもいいですね。

一般的に家全体を大掃除する時の基本の順番は「天井→壁→床」です。

なぜこの順番になるかというと汚れやほこりなどは上から下に落ちるからというのが主な理由です。

もし床から大掃除を始めてしまうと、次に天井や壁の掃除を行う際にせっかく掃除が終わった床に再び汚れやほこりが落ちてしまいます。これを避ける為の順番ということになります。

そして各掃除場所についてもこのようにお掃除の2度手間にならないように考えて順番を考えましょう。

基本的には各部屋のお掃除も「上」から「下」へ汚れやほこりを落とすように掃除するのも大掃除のコツです。

場所については「内」から「外」の順番で汚れやほこりを追い出すように行うようにするとスムーズです。

せっかく掃除した場所が再び汚れてしまわないように気をつけましょうね。

例えばベランダならベランダの床よりもサッシから掃除したり台所もシンクのお掃除より先にキッチン上にある換気扇からお掃除するようにしましょう。

■各掃除場所の順番(例

1、窓ガラス
2、台所
3、トイレ
4、バスルーム
5、洗面所
6、各部屋
7、リビング
8、床
9、ベランダ
11、玄関

基本的にお掃除に時間がかかるものを始めの方に行うとスムーズです。水回りは夜間になって気温が低くなってしまうと水道水も冷たくなりお掃除も大変ですので早めに済ませておきましょう。

窓ガラスの場所が多い場合にはお子さんに手伝ってもらうのもいいですね♪

バスルームなどのカビとりなど洗剤をつけてある程度の時間放置しておく事が必要な場合には先に行っておくようにしましょう。

各部屋は同時に行うよりも基本的にひと部屋ごとに掃除していった方がスムーズに進みます。

物が多いお部屋や散らかっている場合には物の種類ごとに置き場所を決めてから片づけるとスムーズです。

大掃除がスムーズにはかどる順番と気をつけておきたい注意点

さて、前の章では大掃除をスムーズにする為の順番やコツなどをご紹介してきました。こちらでは大掃除の注意点ポイントをお話しておきますね。

まず窓を開けてほこりが出るものを先にお掃除をするようにしましょう。ほこりを吸いこんではいけませんのでマスクを着用するといいですね。

喘息やアレルギーのあるのお子さんがいる場合には健康を害してしまう恐れがありますので特に注意が必要です。掃除の際、ほこりを吸わないように気遣ってあげましょう。

スポンサーリンク

家の中の各場所のお掃除順は前の章の通りなのですが、掃除する場所や各部屋に移動する為には通路を確保しなければいけません。

通路が片付いていなかったり物が置いてあったりすると移動にも時間がかかってしまい効率が悪くなってしまいます。

ですので大掃除をする順番がある程度決まったら、先に通路付近を片付けていざ大掃除開始の段階になったら移動がしやすい様にしておきましょう。

大掃除の際には火災防止にもなりますのでスイッチやコンセントのカバーも磨いてください。

冷蔵庫や家具の下にもほこりが溜まっている場合が多いですので要チェックですね。

バスルームやカーテン、キッチンのマットやカーペットなど大きな洗濯物は大掃除の日の前までにはすませておくようにしましょう。

■いらない物を捨てやすくする方法 

2年以上使っていない物や着ない服、使わない靴やバッグは捨て不用品の整理をしましょう。断捨離をすることで気持ちもすっきりとしすがすがしい気分で新しい年を迎えられますよ。

大掃除をする前には不用品を処分しておくことをおすすめします。年末の大掃除の時に不用品を捨てようと思っても年内で最後の不用品回収日がすでに過ぎてしまっている場合も多いです。

ですのでスムーズに大掃除を行う為にも不用品の処分は計画的に済ませておきましょう。

大掃除がスムーズにはかどる順番と必要な物

前の章でもご紹介しましたが大掃除を進める為の計画書やチェックリストを作っておきましょう。

大掃除をする際にはまず手を汚したり怪我を避ける為に軍手やゴム手袋をしましょう。

市町村で決められている可燃ごみや不燃ごみの専用ゴミ袋も必要ですね。

さらに用途別の各種洗剤も必要ですね。洗剤は種類によって取り扱い方法が違ってきますので、注意書きを良くみて使いましょう。

割り箸ははぎれ布を輪ゴムで巻き付けて窓のサッシに、歯ブラシはバスルームのカビ落としに、ウエットテッシュはトイレの掃除に便利です。

新聞紙は床など引く事で汚れを防止できるのでおすすめです。

キッチンなどの頑固汚れに強いスチームクリーナーなどもあると便利です。

■大掃除に必要な物

・計画書、チェックリスト
・軍手、ゴム手袋
・市町村指定の専用ゴミ袋
・雑巾、古い布
・掃除機
・ほうき&チリトリ
・バケツ
・スポンジ
・たわし、金だわし
・割り箸
・輪ゴム
・歯ブラシ
・はたき、ホコリ落とし
・ウエットテッシュ
・新聞紙
・トイレ用柄つきブラシ
・用途別の各種洗剤
・スチームクリーナー

■その他にも大掃除に関する色々なお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね♪

⇒こちらから読む

まとめ

大掃除をする時には怪我をしないように十分に気をつけましょう。重いものを持つ時などは無理して一人で持たずに二人で持つようにしましょう。

コード類でつまづく場合もありますので足元にも注意しましょうね。

水拭きする際には水分が残らない様に後から空拭きしておくと綺麗に仕上がります。

ぜひスムーズに大掃除を済ませて清々しい気持ちで新年を迎えて下さいね♪

スポンサーリンク

-大掃除
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手が届かない天井と壁の掃除方法の手順。ヤニと手アカの落とし方&必要な道具

新年を清々しく迎える為に必要な年末の大掃除。汚れにくいと思っていた天井や壁をふと見るとかなりのホコリが!? スポンサーリンク そう、天井や壁には以外とホコリがつきます。そしてそのホコリをそのまま放置し …

大掃除に関する色々なお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集

いざ大掃除を始めてみたけれどここでお掃除に関するいくつかの疑問が!? 色々と迷っている状態だとせっかく気合いを入れてお掃除しようと思って始めてもなかなか思うように進まない場合が多いです。 こちらではそ …

水が流せないベランダの簡単お掃除方法と道具、注意点&鳩の糞処理

年末の大掃除、いざマンションのベランダを掃除しようと思ってベランダに出てみるとなんとそこには目を疑うほど大量の鳩の糞が!? スポンサーリンク これってどうやって綺麗にすればいいの?しかもうちのベランダ …

大掃除の時の網戸の簡単な洗い方。汚れの種類と掃除道具&注意点

そろそろ年末も近づいてきて大掃除の時期になりました。いざ始めようとするとどこから始めたらいいのかなかなか迷いますよね。 スポンサーリンク こちらではそんな時に役立つ大掃除の網戸の効果的な洗い方。汚れの …

大掃除にバルサンを焚くのは掃除の前か後か?雨の日の場合と注意点

大掃除に合わせてたまに出てくるイヤな虫退治をして清々しい気分で新年を迎えたい! スポンサーリンク そこで大活躍するのが虫退治に効果的なバルサンです。 ゴキブリやダニなどを駆除できるくん煙式殺虫剤のバル …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら