暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

お正月・年末年始

わかりやすいお雑煮の歴史と由来、地域ごとの味付けとお餅の形の違い

投稿日:

お正月に食べるお餅の入った美味しいお雑煮。お雑煮は地方によって味噌仕立てやカツオだしなど色々な味つけで食べられています。

「でもそもそもなぜお正月にはお雑煮を食べるの?」

そんな疑問を解決するわかりやすいお雑煮の歴史と由来、地域ごとの味付けとお餅の形の違いをご紹介します。

スポンサーリンク
  

わかりやすいお雑煮の歴史と由来

さてお雑煮はどうしてお正月に食べられるようになったのでしょうか?

その始まりは平安時代といわれています。神様にお供えしたお餅や野菜などを神様のお下がりという意味で食べるようになったのがお雑煮の始まりといわれています。

平安時代からすでに年の始めに川や井戸からくみ上げた水と年の最初に起こした火を使って作られたお雑煮は1月1日に食べられていました。

お雑煮に入っているお餅は昔は貴重な物で特別な日に食べられていました、さらに伸びることから食べることで長寿の意味も込められています。

関西でよく食べられている丸餅にはすべて丸くおさまる様にとの願いも込められています。

お雑煮は平安時代の頃から神様の力を信じてその今年一年を健康に過ごせるようにと願い食べられるようになった縁起ものといえます。

お雑煮が地域ごとに味付けが違うのはなぜ?

お雑煮の味付けは塩味や醤油味、味噌仕立てなど地方によってさまざまです。変わったところでは小豆汁仕立てや納豆仕立てなどのお雑煮もあります。

一般的にはお吸い物などの味付けの澄まし汁仕立て、次に合わせ味噌仕立ての地域が多い様です。

また関西では白味噌仕立てが好まれています。

出汁も地域によってかつおぶしや昆布の他にも煮干しや鶏肉など色々な食材が使われています。

ではなぜお雑煮は地方によってこんなにも味付けが違うのでしょうか?

その昔、武士が多かった関東地方では味噌がつくことを失敗し評判を落とすことだととしてすまし汁仕立てのお雑煮を好んで食されました。

一方で京都の文化である白味噌を使った料理の影響を受けているのが関西のお雑煮ともいえますね。

さらに島根県や鳥取県では小豆汁仕立てのお雑煮が好んで食されています。

このようにお雑煮の味付けの違いはその地方に昔から根付いている食文化の影響が色濃く出ているものだといえますね。

ひとつの地方で複数の味つけが存在しているようなところは私事情や仕事などで故郷を離れて全国に移り済んだ人がいた為だといわれています。

スポンサーリンク

もともと住んでいたふるさとの味付けが新しく移り住んできた場所で根付いたということです。

お雑煮のお餅の形が地域ごとに違うのはなぜ?

お雑煮のお餅はお雑煮にする前に焼いておいて香ばしさを出してからお雑煮にするパターンと焼かずにそのままお雑煮にするパターンがあります。

お餅を焼かないでお雑煮にする地域は関西、広島以外の中国地方が多いです。

またお餅の形は地域によって四角いものと丸いものがあります。

丸餅は京文化を受け継いだ土地で食べられていることが多いです。角餅は江戸文化を受け継いでいる地方で食べられていることが多くなっています。

丸いお餅は愛知、岐阜、三重、鹿児島を以外で静岡県を流れる安倍川より西側の地域に多いですが北海道など四角いお餅と丸いお餅両方が食べられている地域もあります。

■雑煮に入れるお餅にはどうして形が違うものや焼いたもの、焼かないものがあるのでしょうか?

これは明治時代以降に各地方に移り住んできた人たちによって全国各地のお雑煮が持ち込まれて広まったといわれています。

また本来稲作が盛んでなく、昔からお米が作れない地方などの中にはお餅の変わりにすいとんや里芋、豆腐などを入れたお雑煮の風習が今も残っています。

■他にもお正月に関する色々な疑問やお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね♪

⇒こちらから読む

まとめ

さて、こちらではわかりやすいお雑煮の歴史と由来、地域ごとの味付けとお餅の形の違いをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

お正月にはいつも食べているお雑煮もいいですがたまには別の地方で食べられている普段は作らないような味付けのお雑煮に挑戦してみるのもいいですね。

家族で好みが分かれそうなら2種類作って味くらべしてみるのも案外楽しいかもしれません。

いつものお正月には食べていない味つけのお雑煮でも意外にお口にあっていたりしてハマってしまうかも♪

お雑煮や焼きもちなど毎年お正月になるとご年配の方がおもちをのどに詰まらせてお亡くなりになってしまう悲しい事故のニュースがよく聞かれます。

ご家族にご年配の方やお子さんがいらっしゃる場合、食べる時には良く見てあげるようにしてお餅の事故には十分に注意して頂きましょう。

ぜひお雑煮やおせち料理などを囲んで家族で楽しいお正月を過ごして下さいね♪

スポンサーリンク

-お正月・年末年始
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お正月の郵便局バイトの内容、募集はいつから?どんな人が向いてる?時給と服装

先日、家に郵便局からお正月のアルバイト募集の葉書が届いていました。 スポンサーリンク やはり年末年始やお正月は年賀状やおせち、お歳暮などの配送で忙しいので人出が欲しい様ですね。 「お正月には予定もない …

年賀状に家族やペットを連名で書く時のマナー&一言メッセージは必要?

年末も迫ってきてそろそろ年賀状を書く準備をしなくちゃ!出したい人には大家族が多いけれどこれって家族みんなの名前を全員書かなきゃいけないのかな?うーん、悩む!! スポンサーリンク そんな時の為に年賀状に …

年越し蕎麦はいつ食べるのが正解?なぜ食べるの?食べ方の決まりはある?

今年も年末は年越し蕎麦を食べながら紅白歌合戦でも見てゆっくり過ごしたいなー♪ スポンサーリンク でも年越し蕎麦って正確にはいつ食べるのが正しいのかな?そもそもなぜ大みそかに食べるようになったの? こん …

お年玉のマナー、由来とあげる意味、ポチ袋の正しい書き方、お札の入れ方&相場

お正月に久しぶりに会う親戚の子供にお年玉をあげなきゃ、でも今年はどのくらいあげようかなあ?ポチ袋も用意しなくちゃ! スポンサーリンク こんな時に役立つお年玉のマナー、由来とあげる意味、ポチ袋の正しい書 …

おせち料理の由来と起源、それぞれの食材の意味と重箱に入れる意味

お正月に食べるおせち料理、でもそもそもなぜおせち料理を食べるの?そんな風におもった事はありませんか? スポンサーリンク 実はおせち料理に使う食材や重箱に入れるのにもちゃんとした意味があったんです。 こ …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら