暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

お正月・年末年始

お年玉のマナー、由来とあげる意味、ポチ袋の正しい書き方、お札の入れ方&相場

投稿日:

お正月に久しぶりに会う親戚の子供にお年玉をあげなきゃ、でも今年はどのくらいあげようかなあ?ポチ袋も用意しなくちゃ!

こんな時に役立つお年玉のマナー、由来とあげる意味、ポチ袋の正しい書き方、お札の入れ方&相場をご紹介します。

スポンサーリンク
  

お年玉のマナー、由来とあげる意味

昔からお正月とは新年の神様を家に招き入れておもてなしをする為の行事でした。

そして年の初めにはその神様に魂を分けてもらうという意味でお餅が配られていました。

このお餅というのは今でいう鏡餅のことで鏡餅には神様の魂が宿ると信じられてきました。

ですのでこの鏡餅を分け与えることで神様の御魂を頂くことに見立てたというのがお年玉の始まりといわれています。

さらにお餅をお雑煮にして頂く事は神様からもらった御魂を体に取り込む意味合いがありました。

そして江戸時代にはお餅の他にもお金や品物をあげるパターンも出てきました。

こうして年始の贈り物すべてがお年玉といわれるようになりました。

昭和に入ってからはお年玉はお金が主流になり、子供だけにあげるものへと変化していき現在に至ります。

■意外と知らないお年玉のマナー

お年玉はそもそも目上の人から目下の人へと渡すものなのでお年玉を目上の人に渡すのは失礼にあたります。

ですので目上の人に渡したい場合には御年賀として渡すようにするのが正解ですが、地域によっては親にお年玉をあげる地域もあるようですね。

ですが一般的に例えば偶然街で出会った上司のお子さんであっても目上の人の子供さんですのでお年玉をあげるのは失礼にあたります。

急な集まりなどでポチ袋の用意がない場合にはテッシュなどの紙に包んで渡しましょう。この時ポチ袋の用意がないことをお詫びしておきましょう。

またお金を裸のままで渡すのはマナー違反ですので気をつけましょう。

さらにお年玉を子供さんに渡す時には親に見える状況で渡すのもマナーです。

これはまだお金の価値があまりよくわかっていないような小さなお子さんの場合には渡したお年玉の管理を親御さんにまかせますという意味合いがあります。

お年玉のマナー、ポチ袋の正しい書き方

さてお年玉を入れるポチ袋ですが、袋に書く名前にもマナーがあることを知っていましたか?

こちらではそんなポチ袋の書き方マナーをご紹介しておきますね。

まずポチ袋の表側にはお年玉をあげる相手のお名前、そして裏面に自分の名前を書きます。

お年玉は小さなお子さんにあげる場合が多いと思いますが、そんな時の表面には○○ちゃんへ、○○くんへ、裏面にはおじさんより、おばさんより、などというように小さなお子さんがわかりやすい表現にしておくといいです。

スポンサーリンク

少し年齢が上の子供さんに挙げるお年玉の場合には○○さんへというように表記を変えてもいいですね。

お年玉のマナー、ポチ袋の正しいお札の入れ方&相場はいくら

お年玉を入れるポチ袋ですが、お金を入れる時にも実はマナーがあります。

まず第一にポチ袋をあける時にお札が開きやすいようにする、またお札、硬貨ともに表向きで入れるのがマナーです。

■ポチ袋への正しいお札の入れ方

お札は顔が印刷されている方が表になりますので開いた時に顔が見えるように左側から右側へと三つ折りにします。

右側が一番上に来ている状態で表側になっているポチ袋に入れます。

この時上下が逆にならない様に気をつけましょう。

硬貨は絵柄がある方が表、製造年月がある方が裏になりますのでこちらも表向きでポチ袋に入れます。

■お年玉の相場はいくら?

お年玉をあげる時いくら包もうか迷うことってありますよね?ここではそんなお年玉の相場をご紹介しておきますね。

【 お年玉の相場 】

・小学生未満   1000円~2000円
・小学生 低学年 2000円~3000円
・小学生 高学年 3000円~5000円
・中学生 高校生 5000円~10000円  

小学生未満の子供さんの場合はお金ではなくお菓子やおもちゃをあげてもいいですね。またお札ではなく硬貨であげるのが喜ばれる場合もあります。

親戚や知り合いのお正月の集まりでお年玉を交換する場面が多いですが、時間的に余裕があればもらった金額と同額を返すという考え方もあります。

⇒こちらから読む

まとめ

さて、こちらではお年玉のマナー、由来とあげる意味、ポチ袋の正しい書き方、お札の入れ方&相場などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

お年玉は親戚同士や知り合い同士の家族でやりとりする場面が多いと思いますが、それぞれの親御さんによって金額が違いますので、できれば前もって金額を決めておくようにするとあとあともめたりすることも避けられていいかもしれませんね。

スポンサーリンク

-お正月・年末年始
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お正月に喪中の時のマナーと過ごし方、おせち料理を食べてはいけないの?

今年は祖母が亡くなり喪中の年末年始を過ごすことになりましたが喪中のお正月を過ごすのは始めてなのでどんな風に過ごしたらいいのかわからない・・・ スポンサーリンク そんな時の為にこちらではお正月に喪中の時 …

年賀状に家族やペットを連名で書く時のマナー&一言メッセージは必要?

年末も迫ってきてそろそろ年賀状を書く準備をしなくちゃ!出したい人には大家族が多いけれどこれって家族みんなの名前を全員書かなきゃいけないのかな?うーん、悩む!! スポンサーリンク そんな時の為に年賀状に …

お正月太りの目からウロコの3つの原因と理由、予防対策&解消方法

毎年お正月になると必ず太ってしまい、しかもなかなか落ちない体重を落とすのにいつもひと苦労・・・ スポンサーリンク お正月明けに体重計に乗るのが怖い・・・今年はそんな憂鬱な目に合わない為にも前もって何か …

わかりやすいお雑煮の歴史と由来、地域ごとの味付けとお餅の形の違い

お正月に食べるお餅の入った美味しいお雑煮。お雑煮は地方によって味噌仕立てやカツオだしなど色々な味つけで食べられています。 スポンサーリンク 「でもそもそもなぜお正月にはお雑煮を食べるの?」 そんな疑問 …

おせち料理の由来と起源、それぞれの食材の意味と重箱に入れる意味

お正月に食べるおせち料理、でもそもそもなぜおせち料理を食べるの?そんな風におもった事はありませんか? スポンサーリンク 実はおせち料理に使う食材や重箱に入れるのにもちゃんとした意味があったんです。 こ …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら