暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

寒さ対策

フローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、ホットカーペット、エアコン&扇風機で防寒

投稿日:

寒い冬や気温が下がっている日のフローリング部屋の中は寒くて耐えられない!かといって電気代も節約したいし・・・何かいい寒さ対策はないかしら?

そんなお悩みを解決するフローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、ホットカーペット、エアコン&扇風機で防寒する方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

フローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、カーペットで防寒

フローリングの床は畳の和室部屋に比べて温度が低くなりがちで冷えやすいですので冬や気温が低い日などはフローリングの床の上で直接生活するのがつらい場合もあります。

冬場や寒い日などは気温の低下とともにフローリングの床部分の温度が下がってしまい特に足元が冷えてしまう場合が多いですよね。

実はフローリングの場合、床から暖房などで温められた熱の約10%が逃げてしまっています。

もともと床暖房のシステムがあればいいのですがもしない場合には新たな工事費もかなり高くつきますのであまりおすすめできません。

冬の間の気温が低い時期など冷え症の場合はなおさらつらいですよね。ではそんなフローリングの床で生活する時の寒さ対策はあるのでしょうか?

これにはまず普通のカーペットをしいただけでもかなり改善される場合があります。

カーペット保温性と断熱性が高く冬に最適なアイテムといえます。フローリングの床の上にカーペットを敷いておけばフローリングの冷えた床に素足で歩くことも避けられますし歩き心地もいいいです。

カーペット素材はウールなどの保温性が高いものもありますのでこういったものを選ぶ様にするとさらに効果的ですね。

ウール素材は汚れにくく色落ちもしにくいので一石二鳥ですね。

またパイルのあるカーペットも裏材が張ってあり厚みがありますので保温効果が高いですし、さらに毛並みが長いものや厚さがあるカーペットもおすすめです。

フローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、ホットカーペットで防寒

さらに快適に過ごしたい場合には暖房器具を使うのがおすすめですが、どれも電気代がかなり高くて馬鹿になりません。

色々ある暖房器具の中でどれを選んだら一番かかる電気代が安く節約できるのでしょうか?

その答えはホットカーペットです。こたつも電気代が安いのですがフローリングの床は冷えるので床に直接置くこたつよりはホットカーペットの方が実用的です。

【 ホットカーペットの電気代は高い? 】

他の暖房器具の電気代と比べてホットカーペットの電気代は比較的安いです。

電気料金の高い順に紹介すると一番高いのがファンヒーターと電気ストーブで、次にエアコン暖房、そしてホットカーペット、最後にこたつの順番になりますので、暖房器具の中ではこたつの次に電気代が安いのがホットカーペットです。

■暖房器具の電気代比較(1時間あたり)

スポンサーリンク

・ファンヒーター  強27円 弱13.5円
・電気ストーブ   強27円 中18.09円 弱8.91円
・エアコン暖房   2.8円~53.5円
・ホットカーペット 強8.5円 強6.2円
・こたつ       強4.6円 弱2.2円

ホットカーペットを利用する時には必要な面積だけで使用する事で電気代がさらに節約できます。ですのでホットカーペットを購入する時には必要な面積のものにしたり使う時には必要な面積だけを使う様にすると電気代の節約になります。

最近では半分や全体など温める面積がスイッチひとつでで変えられるものもありますのでこれらを購入するのもひとつの方法ですね。

またフローリングの床とホットカーペットの間に敷く断熱シートもおすすめです。断熱シートを敷いておくことで熱を逃がさない様にできますので、少ない熱量でも温まる様になりさらに電気代の節約につながります。

フローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、エアコンと扇風機で防寒

ホットカーペットがない場合にはエアコンと扇風機を使って防寒対策する方法があります。

エアコンの暖房をただつけておくだけではなかなか部屋の中があたたかくなりにくい場合が多いです。

そんな時は扇風機を回すことで温かい空気が部屋全体に回りますので早く温まります。

扇風機の電気代は1時間あたり0.05円?0.57円かなり安く、合わせてエアコン暖房の電気代の節約にもなりますのでおすすめです。

扇風機にはエアコンの暖房を助ける効果があります。エアコンで温められた空気は上に溜まります。一方でまだ温まっていない空気は下の方に溜まります。

ですのでエアコンの温度設定で測っている温度は実際には部屋の上の方の温度です。

なかなか温かくならないと感じるうちはまだ温まっていない下の低い温度の所で生活している状態になってしまっているのです。

このような状況を改善する為に扇風機を回すことで上に溜まっていた温かい空気が下に降りてきてくれますので部屋の下の温度も上がり温かさを感じられるようになります。

こうすることでエアコンの設定温度が低くても温かい状態になり、結果的に電気代の節約につながります。

まとめ

さて、こちらではフローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、ホットカーペット、エアコン&扇風機で防寒する方法をご紹介してきましたがいいかがでしたでしょうか?

フローリングの床にカーペットを敷く時にはできるだけ部屋のスペースに合わせたサイズにするのがおすすめです。

私の家にもフローリングの洋室があって最初は部屋よりひとまわり小さいサイズのものを敷いていたのですが、冬になるとカーペットを敷いていないフローリング部分の冷たさが足に伝わってしまい寒かったので買い換えました。

現在は部屋のフローリングとジャストサイズで割と毛足が長い厚めのカーペットを敷いていて冬や気温の低い日でも快適に過ごせています。

ホットカーペットは温度が上がることもありダニの温床になりやすいのでこまめに掃除することをおすすめします。

スポンサーリンク

-寒さ対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オフィスや職場の冬の寒さ対策、すっきり見える防寒方法とグッズ、カイロは身体のどこに貼るのが効果的?

オフィスや会社の温度が低いと仕事もはかどりませんしデスクが窓際だったり冷え症ならなおさら悩みは深刻です。 スポンサーリンク 職場の温度が低い場合には上司に相談してオフィスの暖房の設定温度を少しあげても …

新生児の赤ちゃんが寝る時の寒さ対策、寒さのサインと着る服&暖房器具使用時の注意点

まだまだ寒い冬の時期、こんな季節には赤ちゃんが寝る時に冷えてしまわないか心配になりますよね。 スポンサーリンク ましてや生まれてから間もない新生児の赤ちゃんの場合はなおさらです・・・ こちらではそんな …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら