暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

寒さ対策

寝る時の寒さ対策、ベッドや布団はどうする?室温と体温を上げる方法

投稿日:

冬の寒い時期、室内の寒さでなかなか寝付けないことも多いですよね・・・そんな日に温かい状態で気持ちよく眠りにつくにはどうすればいいのでしょうか?

こちらではそんなお悩みを解決できる寝る時の寒さ対策、ベッドや布団はどうする?室温と体温を上げる方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

寝る時の寒さ対策、ベッドや布団はどうする?

さて、こちらでは寒い季節に温かく眠る為のベッドや布団の寒さ対策についてご紹介します。

まず毛布ですが、一般的には掛け布団と敷布団の間に毛布を使うような場合が多いと思います。

でもこれだと温かく眠るのは難しいというのは知っていましたか?

ではどのようにして毛布を使うのが正解なのでしょうか?

正解は毛布を敷布団の上に引いてその上に寝て、掛け布団は体の上に掛ける状態です。

このようにすると敷いた毛布によって体温が保たれるので温かく眠ることができます。

これでも寒い場合にはさらに掛け布団の下にも毛布をもう一枚掛ければなお完璧です。

■電気毛布使用時の注意点ポイントは?

通常の寝具だけでは寒いような場合には電気毛布も温かいのでおすすめですが温度が上がり過ぎないように調整して使うようにしましょう。

私の家でも一時期使っていましたが、子供が誤って電気毛布のコンセントを温度調節部分のコードなしで直接毛布につないでしまい、布団部分が焦げてしまいあやうく火事になってしまうところでしたので使い方には十分注意して下さいね。

使う前には電気毛布の説明書をよく読んで正しく使うようにしましょう。

寝る時の寒さ対策、室温を上げる方法

さて、こちらでは寝る時の寒さ対策、室温を上げる方法をご紹介していきますね。

■おすすめの暖房器具は?

眠る時に部屋の温度を上げる為の暖房器具に石油ファンヒーターは向きません。

これはファンヒーターを稼働させるには換気が必要だからです。さらにヒーターの場合には長時間運転すると電気代もかなりお高くついてしまいます。

ですので暖房器具はエアコンやストーブを使うのがおすすめです。とはいっても就寝中ずっと稼働させるのではなく、寝る前までにこれらの暖房器具で室内を暖めておきましょう。

寝る時に電源を切るようなら就寝前までのみ使うのであれば石油ファンヒーターでも大丈夫です。

そして寝る時には暖房を切っておくのが正解です。暖房器具をつけたままで眠ると、暖房が効きすぎて逆に暑くて寝苦しくなってしまったりする場合もありますので気をつけましょう。

スポンサーリンク

■室温をあげる為の裏ワザ紹介

フローリングの床の場合には床からの冷えを防ぐ断熱シートやアルミシートを敷いておくのがおすすめです、断熱シートやアルミシートがなければダンボールでも代用できます。

さらに窓からの冷えを防ぐ為にカーテンは厚手のもので、できれば窓の下部分まで隠れるような長めもデザインのものがいいですね。

カーテンと窓の間にダンボールをかませても断熱効果があります。お金もかからないので節約にもなり一石二鳥なのでおすすめです。

寝る時の寒さ対策、体温を上げる方法

さらにこちらでは寝る時の寒さ対策、体温を上げる方法をご紹介しますね。

寒い日に温かく眠る為には寝る前に体を温めておくのも効果的になります。

寝る前に体を温める効果がある入浴剤入りの熱めのお湯に入るのもおすすめですが、もし時間がない場合には特に冷えてしまう足のみをお湯で温める足湯も効果的です。

お風呂上りで長時間たってしまうと湯冷めの原因になりますので注意が必要です。

お風呂上りの身体が暖かい状態でそのまま布団に入れば暖かい体のまま眠りにつくことができます。

さらに寝る前に体を温める効果がある生姜湯や紅茶、ココア、ほうじ茶などを飲むのも体の中から温めることができるので効果的です。

■風呂上り時から眠る時までのおすすめの服装は?

そして寝る時の服の下には肌着を着るようにします。

綿で汗を良く取るの密着した肌着を着用することで、体温の保温効果がありますし、寝る時にかいた汗が冷えて風邪を引いてしまうのを防ぐのに効果的です。

さらに体を温めるポイントは首です。ですので寝る時におすすめの服装は首と密着するタイプのハイネックなどのトレーナーがおすすめです。

首が隠れない場合にはタオルなどを首に巻くのも効果的ですね。

■他にも寒さ対策に関する色々な疑問やお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね♪

⇒こちらから読む

まとめ

さて、こちらではそんなお悩みを解決できる寝る時の寒さ対策、ベッドや布団はどうする?室温と体温を上げる方法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

毛布は体と掛け布団の間に掛けるのではなく敷布団の上に敷きましょう。そしてできれば入浴で体を温めた状態で眠ることが大切ですね。

寝汗をかいてしまい、冷えた汗で体が冷えることで風邪を引いてしまうことがありますので肌着はしっかりと汗を吸収する素材のものを選びましょう♪

スポンサーリンク

-寒さ対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金がかからない寒さ対策。グッズ&室温と体温を上げる効果的な方法

冬の時期の寒さ対策はエアコンやヒーターなどを使うと電気代がかさんでしまって家計が大変! スポンサーリンク できるだけお金がかからない寒さ対策ってあるのかしら? そんな疑問を解決できるできるだけお金がか …

オフィスや職場の冬の寒さ対策、すっきり見える防寒方法とグッズ、カイロは身体のどこに貼るのが効果的?

オフィスや会社の温度が低いと仕事もはかどりませんしデスクが窓際だったり冷え症ならなおさら悩みは深刻です。 スポンサーリンク 職場の温度が低い場合には上司に相談してオフィスの暖房の設定温度を少しあげても …

フローリング部屋の寒さ対策と電気代節約方法、ホットカーペット、エアコン&扇風機で防寒

寒い冬や気温が下がっている日のフローリング部屋の中は寒くて耐えられない!かといって電気代も節約したいし・・・何かいい寒さ対策はないかしら? スポンサーリンク そんなお悩みを解決するフローリング部屋の寒 …

キッチンの寒さ対策、窓と床からの冷気遮断方法と台所内の温度を上げる方法&衣類での防寒方法

冬の寒さが厳しい時期のキッチンは底冷えしてお料理するのもイヤになってしまいますよね・・・ スポンサーリンク 床もフローリングなので寒い上にお料理や洗いものでお水も使うのでそんな冷たさを考えると台所に立 …

寒さ対策に関する色々な疑問やお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集

冬の寒い時期に限らず寒さが続くと何もする気が起きなくなってしまいますよね・・・ できればそんな寒い時期でも快適に過ごしたい! こちらではそんな寒さ対策に関する色々な疑問たやお悩みを解決できるまとめ記事 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら