暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

グルメ・食べ物・飲み物

うなぎの健康効果。栄養素と効能、夏バテ解消の食べ方やアレルギー予防策

投稿日:

夏になり仕事も忙しいし最近どうも疲れやすい・・・もしかしてこれって夏バテ?何か精がつく物を食べたいなぁ・・・そんな時にはうなぎがおすすめ♪ こちらではそんなうなぎの健康効果や含まれる栄養素ごとの効能、夏バテ防止と美味しい食べ方、さらにアレルギー反応と予防策などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

うなぎの健康効果。含まれる栄養素ごとの効能

鰻の旬は冬なのはご存知でしたか?夏場の土用丑の日によくうなぎを食べますが、これは日本でその昔、幕末の学者だった平賀源内が旬ではない夏に売れないうなぎを売るためにうなぎ屋に提案したことから始まったといわれています。

そんなうなぎですが、健康効果や栄養はどのくらいあるのでしょうか?そんな疑問にお答えしていきますね。

うなぎには夏バテなどの疲労回復だけではなく動脈硬化の予防やがん予防、眼精疲労などにも効果があります。さらに肌のハリやツヤをよくしてくれる美容効果もあるのです。

それでは具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか?ここでそれぞれの栄養素が体に与えてくれる良い効果を書いておきますね。

■ うなぎに含まれる栄養素と効能

・ビタミン A 視力回復・風邪予防・胃腸病予防
・ビタミンB1 疲労回復   
・ビタミンB2 体内細胞の再生と成長を促す
・ビタミン D カルシウムの吸収を助ける
・ビタミン E 老化防止
・たんぱく質 細胞修復・筋肉増強・ホルモンバランス造成
・カルシウム 骨・歯の成長を促す
・鉄分    貧血予防・造血効果・疲労回復
・コラーゲン 肌のハリやツヤ等の美容効果

*うなぎには実に体の成長に効果的な栄養素がバランスよく含まれています。

うなぎは脂質が豊富ですが、食べ過ぎると脂を取り過ぎるのではないかと心配になる事がありますよね。しかしこの脂にもDHAといわれるドコサヘキサエン酸が多く含まれていてコレステロールの低下や視力低下の防止、アトピーの改善など非常に良い効果があります。

ビタミンEの老化防止効果というのは血行をよくして新陳代謝を活発にすることで肌にハリやツヤを与えます。また紫外線への抵抗力を高めたり生理痛予防などにも効果が期待できます。

うなぎの健康効果。夏バテ防止と美味しい食べ方

うなぎに含まれているビタミンB1には疲労回復効果があるので夏バテ予防におすすめです。うなぎにはビタミンAなどの栄養素やミネラル分が豊富に含まれていてスタミナもつきますので疲れもとれるので疲労回復や夏バテ防止にはぴったりですね。

ビタミンB1が不足してくると疲れやすくなったり食欲不振やむくみなどの原因になってしまいますので気をつけましょう。

うなぎは蒲焼きや白焼きなどの料理にすると絶品ですね。ちなみに家で鰻の蒲焼をつくる時は一緒に山芋をすりおろしたものを添えます。とろろ料理屋さんにも「うなとろ」という料理があります。山芋自体にもジアスターゼやビタミンが多く含まれている為、かなりの栄養があり滋養強壮や免疫機能の改善、生活習慣病の予防効果がありますので合わせて食べればさらに栄養効果バツグンです。

スポンサーリンク

よくうなぎと梅干しは一緒の食べるとあまりよくない悪い食べ合わせだというお話を聞きますが実は梅干しにお含まれるクエン酸なども疲労回復効果がありますので決して悪い食べ合わせではなく消化も助けてくれますのでむしろいい食べ合わせかもしれません。ただしウナギの脂と梅干の酸を同時に摂取すると胃潰瘍を患っている場合はあまり良くないです。

蒲焼はこってりとしていて味が少し重いといった場合には白焼きがおすすめです。甘だれをつけずに焼いているので蒲焼よりもさっぱりと食べられます。ワサビ醤油につけて食べれば絶品ですし、お酒のおつまみにも最高ですね。

ひつまぶしもいいですね。うなぎを小さくカットしてご飯と混ぜて頂くので、こちらも蒲焼よりは重くないです。だしをかけてうな茶漬けにすればさらにさらりと軽く食べられます。鰻ご飯を使って手軽に食べられるおにぎりにしてもいいですね。

ただしうなぎにはコレステロールも多く含まれていますので食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょうね。

■関連記事で「土用丑の日の習慣。由来と起源、行事食うなぎの美味しい調理法」をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒続きを読む

うなぎの健康効果。アレルギー反応と予防策

うなぎは他の魚介類と比べてアレルギー反応が出にくい食材といわれています。しかしその反面うなぎ食べたりすることでをアレルギーを起こす人がいるのも事実です。この場合のアレルギー原因ですが、うなぎ自体のアレルギーの場合と養殖うなぎの場合は与えられたえさが原因の場合があります。えさが原因の場合はえさに含まれたアレルギー成分がうなぎの体内に蓄積することによって発生してしまいます。

人によっては養殖うなぎはダメでも天然ものなら良いといったケースもありますが、今どき天然もののうなぎを手に入れる方が難しいので、ほとんどのものが養殖だと考えておいていいでしょう。

アレルギーの症状は人によりさまざまですが、かゆみや喉の痛み、顔に赤みやじんましんが出たり腫れたりすることがあります。ひどい場合には嘔吐や腹痛を引き起こす場合もあります。

子供さんの場合はまだ免疫力が高くありませんので大人に比べるとアレルギーは出やすいので注意が必要です。アレルギー反応が出なくてもうなぎには小骨がありますので、あまり小さなお子さんには難しいですね、消化能力や噛む力が備わってくる2歳くらいから少しづつ慣れさせてみるのがいいでしょう。安心できる産地のものを選ぶのも必要ですね。

うなぎに限らず魚類を食べると反応してしまう魚介アレルギーですが、この原因は魚介類に含まれているパルプアルブミンという成分によるものです。大人が食べる場合でも最初は少しづつ食べることで体に異変はないか確認しながら食してみるといいですね。

もしうなぎを食べてアレルギーの疑いがあるような反応が出てしまった場合は早急に病院で医師の診断を仰ぎましょう。

まとめ

1、うなぎは栄養効果バツグン!含まれる栄養素と効能を参考にして効果的に摂取しましょう。

2、うなぎの食べ方はさまざま。体にいいうなぎ料理を食べて健康な体づくりを意識しましょう。

3、子供のうちは小骨の多いうなぎは要注意!少しづつ与えるようにしてアレルギー反応にも気をつけましょう。

スポンサーリンク

-グルメ・食べ物・飲み物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワインの楽しみ方編。味の見方と家庭料理との相性、ワイングラスの種類をご紹介

ワインは一般的に難しい飲み物だというイメージがありますが、実は親しみやすい飲みものです。ここではソムリエ仕込みのワインの味わいの見方やワインと相性がいい家庭料理のメニューなどをお話しますね。 スポンサ …

ワインの豆知識。原料、種類と製造方法を知ってあなたもワイン通になろう

最近はお値段も手ごろなものが増えてきてさらに身近になってきたワイン。ここではワインを気軽に楽しむための知識等をご紹介します。 スポンサーリンク ワインについて詳しくなっておけば友達に教えてあげたり、家 …

ワインソムリエ資格取得の為の試験に必要な知識やレストラン経験は?

以前にドラマなどで話題になったこともあるソムリエというお仕事。タキシード姿でお客様にワインをサービスするあの職業です。 スポンサーリンク そのスマートな立ち振る舞いやお客様にワインをサーヴをする姿にあ …

ワインは健康維持に効果あり!成分や効果は?体にいい適量はどれくらい?

実はワインはアルカリ性の健康飲料です。体にいい成分がたくさん含まれていますが、これには適量を飲むことが大切で、飲む量には注意が必要です。 スポンサーリンク ワインの成分や効能、適量を知ることで健康的な …

ワインの選び方をご紹介。酒販店やレストランで選ぶ場合とワインの保管方法

ワインってたくさん種類がありすぎて実際どのワインを選べばいいの?そんな風に思って困ったことはありませんか? スポンサーリンク ここではそんな時のために酒販店編とレストラン編に分けてそれぞれ解説してみた …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら