暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

健康・病気

熱中症対策。その原因と症状や正しい応急処置、夏場の予防方法

投稿日:

夏場の観光地にレジャーに出かけたら小学生の娘の様子がなんだかおかしい・・・もしかして熱中症?!すぐに対応しなければ!!そんな時の為の熱中症対策、原因と症状やいざという時の応急処置、夏場の予防方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

熱中症対策。起こる原因と主な症状

● 熱中症の原因

熱中症は体内の水分と塩分が極端に不足する為に起こります。体内に熱をため込んでしまっている状態で水分が足りなくなると体内の血流が悪くなり失神を起こしたり、塩分が足りない場合、痙攣を起こしたりします。場合によっては死につながる大変危険な症状といえます。

基本的に体力が落ちていて夏バテぎみや体調が悪い状態の時は熱中症になりやすいです。また熱中症になりやすいのは梅雨明けで急激に気温が上がる時期ですね。雨の日やプール内、温度の上がったバス内、長時間直射日光に当たっている場合なども要注意です。

年齢的には体の機能が完全に成長していないお子さんや体力が衰えてきている高齢者の方は熱中症になりやすいです。

● 熱中症の主な症状

・めまい
・唇のしびれ
・吐き気・嘔吐
・頭痛
・痙攣
・体の傷み
・こむら返り
・発熱・高体温
・意識障害
・失神

失神や意識が定かでない、または痙攣している状態は大変危険な状態です。場合によっては数日間の入院が必要な場合もあります。

熱中症対策。いざという時の正しい応急処置

熱中症の疑いがある場合、失神を起こしていたり意識がはっきりしない時にはすぐに救急車の要請が必要です。

同時に日陰やエアコンの効いている部屋に移動しましょう。嘔吐した時に嘔吐物で気管を詰まらせないように横向きに寝かせます。この場合、首や体を締め付けている衣類をゆるめることも大切です。

次にタオルや衣類で風を送ることで体を冷やしましょう。同時に水でぬらしたタオルや氷で首やわきの下、足の付け根など、血管が浮き出ている部分を冷やすのがいいです。

体内には水分と塩分が不足しているので何度かに分けて水分補給させましょう。体の一部分に痙攣が起こっている場合には痙攣部分をマッサージします。

外出する場合で外気温が高い時には、いざという時、いつでも熱中症の応急処置ができるようにタオルや冷水入りの水筒、シートなどを用意しておくと便利です。

スポンサーリンク

熱中症に一度かかってしまうと再発する可能性が高くなります。程度にもよりますが熱中症が治ったかなと思った後でも体の抵抗力が弱まっているのでしばらくは安静にしている事が大切です。それでも何か体調がおかしいと感じたら再びすぐに病院で診察を受けてみることが必要です。

熱中症対策。気温が上がる夏場の予防方法

熱中症を防ぐには水分と塩分、ミネラルを適度に補給することが必要です。のどが渇いたと思う時は体内の水分が不足しているというサインです。

水分補給にはスポーツドリンクやジュース類やミネラル分が豊富な麦茶などがおすすめですが、利尿作用があり、すぐに水分が体外に出てしまう作用があるカフェインが入っているコーヒーや紅茶、緑茶などは避けるようにして下さい。

糖質が気になるようなら塩水を飲むようにしてもいいです。塩の代わりに梅干しとお水で代用してもいいですね。

熱中症になりやすい人はあまり水分を取らない、トイレに行かないなどの場合が多いです。

外出時や農作業など炎天下の屋外に出るような時には帽子をかぶり頭に直接日光があたらないように注意することが大切ですね。

● 熱中症の主な予防方法

・体調の悪い時は日中の暑い時などの外出や温度が高い場所での作業は控えましょう。
・夏場の気温が高い時には風通しのいい服をきて帽子をかぶりましょう。
・カフェインが入っていないドリンクでまめに水分を補給しましょう。
・気温が高い場所での急激に水分を失うような激しい運動は控えましょう。

夏場などは部屋の中にいて睡眠中でも熱中症になる場合がありますので注意が必要です。最近では夏場の節電による熱中症の事例が増えてきています。エアコンや扇風機、風通しをよくするなどで部屋の温度が上がり過ぎないように気をつけましょう。

まとめ

1:熱中症の原因と症状を正しく把握しておき、いざという時の為に備えましょう。

2:熱中症の正しい応急処置を把握し状況に応じてすばやく対応しましょう。

3:普段から夏場の予防方法を参考にして熱中症を防ぎましょう。部屋の中にいても要注意です。

スポンサーリンク

-健康・病気
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんが熱中症になった場合の症状や原因、応急処置と予防対策

どうしても必要な物があり夏場の屋外に出てお買いもの。ベビーカーで赤ちゃんと一緒に炎天下の歩道を歩いているとなんだか赤ちゃんの様子がおかしい・・・元気がなく顔も赤らんでる!こんな状態の場合は熱中症の疑い …

汗の臭い。その原因と多汗症、応急処置対策、ワキガ治療&予防法

夏場の営業の仕事はとにかく過酷。汗っかきなので外を移動しているとひっきりなしに汗が流れ出てきてもう大変!しかもこの汗が臭うので職場に戻るたびに上司や同僚から冷たい目で見られてしまう・・・ スポンサーリ …

汗シミ、黄ばみの落とし方、原因と多汗症改善策、効果的な予防法

夏場のお出かけでたくさんの汗をかいてしまい、ふと気づくと大切なワンピースのわきの下に汗染みが!一度ついてしまうとなかなか落ちにくそうで、もし落とせたとしてもひと苦労しそう・・・そんな場合に役立つ汗シミ …

夏風邪対策。原因と普段からできる予防法、早く治す方法と過ごし方

世間ではよく「風邪は万病のもと」といわれていますね。たかが夏風邪だと思っていても思わぬ病気に発展してしまう可能性がありますので注意が必要です。こちらでは夏風邪対策、風邪をひいてしまう原因と睡眠不足の関 …

夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。10の症状と4つの原因

猛暑の夏場。最近どうも体がだるくてしかたない・・・これって夏バテかなぁ?夏バテは熱中症の初期症状にも似ているので要注意です。こちらではそんな場合に役立つ夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。主な10の …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら