暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

健康・病気

赤ちゃんが熱中症になった場合の症状や原因、応急処置と予防対策

投稿日:

どうしても必要な物があり夏場の屋外に出てお買いもの。ベビーカーで赤ちゃんと一緒に炎天下の歩道を歩いているとなんだか赤ちゃんの様子がおかしい・・・元気がなく顔も赤らんでる!こんな状態の場合は熱中症の疑いがあります。

こちらではそんな時の為に赤ちゃんが熱中症になってしまった場合の症状と原因、今すぐできる応急処置、さらに 熱中症にならない為の予防対策をご紹介します。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの熱中症。その症状と原因

赤ちゃんは抵抗力が弱く体温調節機能がまだ発達していない為、夏場の気温が上がる時期は熱中症になりやすく、また進行も早くなってしまいます。ひどくなると命にかかわりますので十分な注意が必要です。

■ 熱中病の症状

赤ちゃんが熱中病の疑いがある場合は顔が赤く体が熱くなっていたり、ミルクを飲む量が増えている、また元気がなく反応もない、汗をかかない、手足が冷えてくる、尿の出る量が少ないなどの症状が出ることがあります。またひどくなると痙攣をおこしてしまったり、意識不明の状態になることもあります。

■ 赤ちゃんが熱中症になる原因

・直射日光にあたる
・気温の高い屋外で過ごす
・室温の高い部屋で過ごす
・汗をかきすぎる事での水分不足

*原因を取り除いてあげる事が熱中症にならない事につながります。

温度の高い場所で長い時間過ごしていると体温が上がると同時に体内の血液の温度も上がってしまいます。すると体内では血液温度を下げる為、血液を体の表面集める働きをします。

こうして集まった血液は外気温でさらに温度が上昇し、再び体内を循環します。これによりますます体温が上がってしまい、熱中症を引き起こしてしまいます。

赤ちゃんの熱中症。今すぐできる応急処置

熱中症の疑いがある症状が出た場合にはすぐに涼しい場所に移動させ、服での体のしめつけをゆるめて風通しをよくすることが大切です。

次に脇の下やうなじ、足の付け根、額の部分など動脈が集まっている箇所を冷やします。タオルで巻いた氷や保冷剤などを使うといいです。そして水分補給ですが、ミルクや母乳、体への吸収が早いベビー用のイオン飲料がおすすめです。この場合はミルクや母乳、イオン飲料には熱中症改善に有効な塩分も含まれています。

これらは冷えていないものを少量ずつ与えましょう。生後1ヶ月以降なら赤ちゃん用のお茶を与えてもいいでしょう。

ここで赤ちゃんに熱中症の疑いがある場合や熱中症になってしまった場合の応急処置を書いておきますね。

■ 赤ちゃんが熱中症になった場合の応急処置

1、涼しい場所に移動
2、服を脱がせて風通しを良くする
3、氷や保冷剤等で体を冷やす
4、冷えていないイオン飲料で少量ずつ水分補給

スポンサーリンク

*これらの応急処置が済んだら速やかに病院での診察を受けましょう。

赤ちゃんの熱中症。ならない為の予防対策

赤ちゃんは大人に比べて体の抵抗力が弱く、まだ言葉で伝える事ができないので、周囲の人たちが気遣い、普段から赤ちゃんの様子を良く見ていることが大切です。

汗を多くかいている状態は、赤ちゃんの体温が上がり、体の水分が出てしまっているという事ですので要注意です。汗を良く吸い取ってくれる衣類を着せるようにしましょう。


■ 屋外での熱中症対策

ベビーカーに乗せている場合は風通しが悪く、地面の温度を直に受けてしまい、高温の状態になりやすいので日よけを使ったり背中の部分に氷枕を置いたりして体の熱を逃がす事が大切です。

熱さまシートや脇の下用の保冷剤などの保冷能力にすぐれた暑さ対策グッズを用意しておくのも効果的ですね。屋外を移動する時にはまめに休憩を取り、水分補給をしながら移動する方がいいです。

■ 屋内での熱中症対策

夏場に多い熱中症は屋外だけでなく室内にいてもなってしまう場合がありますので注意が必要です。

室内にいる場合はクーラーや扇風機などで部屋の温度調整を行いましょう。赤ちゃんは成人に比べて体感温度が低いので室温やや低めに設定すると良いでしょう。

睡眠中は屋外対策で紹介しました体の一部を冷やすような暑さ対策グッズはかえって体内の温度調整を乱してしまい、一部分だけが極端に冷えてしまいますので向きません。

また屋内の場合は室温の上昇と同時に通気性が悪いことも熱中症を引き起こす原因になってしまいますので適度な換気を行うようにしましょう。

室内の場合も屋外同様に水分補給は忘れないようにして下さい。

■ 車移動の際の熱中症対策

短時間でも車内に赤ちゃんを放置することは絶対に避けましょう。夏場の自動車内は短時間でも急上昇してしまい、外気温よりも格段に高くなってしまう場合が多いので注意が必要です。

■その他にも「赤ちゃんの安全で負担の少ない移動手段と授乳方法&オムツ替え」を紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒続きを読む

まとめ

1、夏場の気温が上昇する時期は赤ちゃんが熱中症になってしまう原因と症状を把握して、いざという時の為に備えましょう。

2、赤ちゃんが熱中症になってしまった場合は応急処置内容を確認して正しい対応をした後、速やかに医師の診断を仰ぎましょう。

3、屋外、室内とそれぞれの場合の予防対策を参考にして大切な赤ちゃんが熱中症にかからないようにしましょう。

スポンサーリンク

-健康・病気
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。10の症状と4つの原因

猛暑の夏場。最近どうも体がだるくてしかたない・・・これって夏バテかなぁ?夏バテは熱中症の初期症状にも似ているので要注意です。こちらではそんな場合に役立つ夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。主な10の …

汗シミ、黄ばみの落とし方、原因と多汗症改善策、効果的な予防法

夏場のお出かけでたくさんの汗をかいてしまい、ふと気づくと大切なワンピースのわきの下に汗染みが!一度ついてしまうとなかなか落ちにくそうで、もし落とせたとしてもひと苦労しそう・・・そんな場合に役立つ汗シミ …

夏風邪対策。原因と普段からできる予防法、早く治す方法と過ごし方

世間ではよく「風邪は万病のもと」といわれていますね。たかが夏風邪だと思っていても思わぬ病気に発展してしまう可能性がありますので注意が必要です。こちらでは夏風邪対策、風邪をひいてしまう原因と睡眠不足の関 …

汗の臭い。その原因と多汗症、応急処置対策、ワキガ治療&予防法

夏場の営業の仕事はとにかく過酷。汗っかきなので外を移動しているとひっきりなしに汗が流れ出てきてもう大変!しかもこの汗が臭うので職場に戻るたびに上司や同僚から冷たい目で見られてしまう・・・ スポンサーリ …

台風時に頭痛が起こる原因と緊急対処法&防ぐ為の対策。

台風の前日など台風が近づいている時になぜか頭痛が始まってしまった!なんとか頭痛を和らげる方法は? スポンサーリンク 突然の頭痛やめまいは何も手につかなくなってしまい本当につらいものです。特に仕事中など …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら