暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

ペット・動物

犬の熱中症。原因と症状、緊急時の応急処置、ならない為の予防対策

投稿日:

夏場の庭先。ふと見ると愛犬が元気がなく、ぐったりしている・・・そういえばえさもほとんど食べてなかったな・・・これってもしかして熱中症?!

愛犬がこんな状況だったら要注意!犬は暑さにすごく弱いんです。実は人間だけではなくペットも熱中症になってしまう場合があります。重度になると死んでしまう事もあるので要注意です。ここでは大切な家族の一員がそんな重大な事にならない為の犬の熱中症の原因と症状、緊急時の応急処置、さらに熱中症にならない為の予防対策をご紹介します。

スポンサーリンク
  

犬の熱中症。その原因と症状 

犬は肺の中にたまった熱い空気を吐いて新たに肺に空気を取り入れる事で体温調節をしています。

夏場の気温が高い場合、取り入れる空気自体が熱くなっているので体温調節が難しくなってしまいます。これによって熱中症を引き起こしてしまうのです。

犬は体中が毛で覆われていますので、体感温度は人間の数倍です。ですので夏場はとにかく暑いのです。

また人間の場合と違って犬の場合は高温の場所にいることだけでなく湿度が高い場所にいても熱中病になる確率が上がってしまうので注意が必要です。

■ 熱中症になった愛犬の主な症状

・目が充血する
・激しく息をする
・よだれを流す
・ぐったりしていて元気がない
・食欲がない
・嘔吐

■ 重度の熱中症になった場合の主な症状

・吐血
・血尿
・血便
・筋肉のふるえ
・失神

犬の熱中症。緊急時の応急処置

愛犬の熱中症の応急処置は症状が出はじめて30分から1時間以内に施しましょう。これ以降になると愛犬にとっても危険な状態になりますので、応急処置後、すぐに獣医の診察を受けさせる必要があります。

■ 熱中症にかかってしまった愛犬の応急処置

1、まず愛犬を日の当らない涼しい場所に移動させます。

2、水でのシャワーや冷水でしぼったタオルなどで体を冷やします。同時に扇風機の風を当てても良いです。ただし猛暑の屋外では逆効果ですのでNGです。血管が集まっている首のまわりを重点的に冷やしてあげるのがポイントです。

3、水分補給をします。すでに自分で飲むと力がない場合はペットボトルなどから少しずつ与えるようにします。

4、応急処置を終えたら速やかに動物病院で診察を受けましょう。

水分補給は犬専用のイオン水がベストですが人間用のスポーツドリンクは愛犬に与えるのは高度が濃すぎるのでNGです。緊急用でもしやむおえない場合は水で2倍程に薄めたもの、または冷水を与えるようにしましょう。

応急処置でいったんは症状がおさまり落ち着いたように見えても、実は体内の循環器や臓器がおかされてしまっている場合も考えられますので、必ず動物病院での診察を受けた方が良いです。

犬の熱中症。ならない為の予防対策

犬は人間のように汗をかくことができなく、毛で覆われている体内に熱がこもりやすいので熱中症になりやすいです。ですのでまめに毛をブラッシングして風通しを良くしてあげましょう。

また夏場の気温が上がる時期は特に普段から飼い主が愛犬を良くみてあげる事が大切です。

スポンサーリンク

時期的には年間で一番気温が高くなりやすい梅雨明けくらいから最も注意が必要になります。

■ 屋内の場合の熱中症予防方法

基本的な予防方法ですが、夏場は特に人間の場合と同様に屋内の場合は風邪お通しが良くてあまる熱がこもらないような場所で過ごさせてあげることが大切です。

エアコンの風邪は愛犬に直接当たらないように気をつけましょう。これは継続してエアコンを動かしている場合、体温の下がり過ぎを防ぐためです。

留守中にお留守番をしているような場合も室温管理には細心の注意を払いましょう。エアコンがない部屋でのお留守番はNGです。

また室内で飼っていた愛犬をいきなり外に出してしまうと肺炎などにかかりやすくなる場合もありますので注意しましょうね。

外に出る時はなるべく気温との差が少ない時間帯にするのがおすすめです。

■ 屋外の場合の熱中症予防方法

屋外の場合は日陰をつくってあげるなど比較的涼しい場所などで過ごさせてあげるようにしましょう。

自分から水浴びをして体温調節に役立ちますので、簡易プールやたらいなどに水を張ったものを近くに置いておくようにしてもいいですね。

夏場の庭などの屋外は地面の温度も相当上がっていますので、日陰部分に庭石やレンガなどを敷いてあげ、ここで休ませてあげるといいです。

あまりに気温が高い場合には保冷剤を包んだものを首に巻いてあげると良いですね。霧吹きなどで水を吹いてあげるのものも効果的です。

凍ったペットボトルを布にくるんで近くに置いておくのも効果的です。飲み水は容器が汚れやすくなるのでまめに綺麗な物と交換してあげるようにすると良いです。

夏場の車内は熱が上昇していますので車内で留守番をさせるのは絶対にやめましょう。窓を開けておいてもNGです。

高温のアスファルトの上を歩かせてしまうと肉球がやけどしてしまう場合もありますので気をつけて下さい。

夏場は気温が高いので屋外で過ごすのは愛犬にとっても大変です。できれば玄関先でもいいので家の中で過ごさせてあげるのがベストですね。

■ 愛犬の熱中症の防止グッズ

保冷剤を収納できる犬用ベッド、水にぬらしてから着せて体温を下げるクールベストや水分を吸収しやすい犬用のイオン水などもありますのでぜひチェックしてみて下さいね。

水分を含ませて使用するクールマットもありますがすぐに水分が蒸発してしまう屋外には向きません。

■ 熱中症になりやすい犬種

ブルドッグ・ボクサー・シーズー・シベリアンハスキー・ペキニーズ・パグ・ボストンテリアなどが熱中症にかかりやすい犬種になります。

子犬や老犬、太っている犬は体温の調節がしにくく熱中症になりやすいので要注意です。

■その他にも「愛犬に関する疑問とお悩みを解決できるノウハウ集&まとめ記事」をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒こちらから読む

まとめ

1、体感温度は人間以上!ワンちゃんは体中が毛でおおわれているのでとにかく暑いのです!

2、ワンちゃんの熱中症になってしまった時には緊急時の応急処置を参考にして正しい対応をしましょう。応急処置の後は必ず動物病院で診察を受けましょう。

3、予防対策を参考にして夏場の時期に大切なワンちゃんが熱中症にならないように心がけましょう。

スポンサーリンク

-ペット・動物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の夏バテの7つの主な症状と対策&予防法

夏場の猛暑日、いつも元気に走り回っていた愛犬が最近、少し元気がなく、ぐったりしている・・・そんな場合は夏バテの兆候かもしれませんし、同時に熱中症にかかっている可能性もあります。 スポンサーリンク ここ …

愛犬に関する疑問とお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集

こちらでは愛犬に関する疑問とお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。 スポンサーリンク 犬の熱中症。原因と症状、緊急時の応急処置、ならない為の予防対策 …

犬が食欲不振になってしまう原因と改善策、要注意なNG食材&飲み物

夏場、うちの愛犬の食欲がなくほとんどえさを食べない・・・夏バテなのかな?もしかしたら病気かも!?そんな風に思った場合に役立つ犬が食欲不振になってしまう主な6つの原因や改善策、さらに決して与えてはいけな …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら