暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

健康・病気 生活のハウツー

汗シミ、黄ばみの落とし方、原因と多汗症改善策、効果的な予防法

投稿日:

夏場のお出かけでたくさんの汗をかいてしまい、ふと気づくと大切なワンピースのわきの下に汗染みが!一度ついてしまうとなかなか落ちにくそうで、もし落とせたとしてもひと苦労しそう・・・そんな場合に役立つ汗シミ、黄ばみの効果的な落とし方や汗シミが出来る原因と多汗症改善策、さらに汗シミの効果的な予防法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

汗シミ、黄ばみの効果的な落とし方

汗シミはわきの下や襟など、気に行っている洋服に限ってなぜか汗染みになってしまうものですね。こちらではそんな黄ばんだ汗染みの落とし方をご紹介しますね。

まず衣類の洗濯表示を確認して家庭で洗えるものなのかどうかを確認しておきましょう。その上で下記の方法を試すと失敗がありません。

洗濯石鹸とお湯で手洗いしてみてまだシミが残っているようなら色柄ものにも使える酸素系漂白剤をお湯に加えて数時間つけ置き洗いしてみましょう。

ただその際にはごくまれに生地が変化してしまう場合もありますので、まとは洋服の目立たない部分で試してからつけおき洗いするといいですね。

塩素系の漂白剤もありますが布を痛めてしまう可能性がありますのでご家庭ではためておいた方がいいですね。これで落ちない場合にはクリーニング店に依頼するのがベストです。

麻生地やシルクの場合も個人では落としにくいのでやはりクリーニング店に相談する方がいいです。さらに専門で行っている店や汗染みに対応している店なら安心して依頼できますし、比較的仕上がりも綺麗です。

麻やシルクはデリケートなので自己流でお洗濯してしまうと生地を傷めてしまう可能性がありますから気をつけましょうね。

■ 汗染み・黄ばみの落とし方「おためし順」

1、洗濯石鹸とお湯で手洗い
2、酵素系漂白剤で漬け込み洗い
3、クリーニング店に依頼
4、専門クリーニング店に依頼

*ご家庭での洗濯前には洋服の生地を傷めないように必ず洗濯表示を確認しましょう。

汗シミが出来る原因と多汗症改善策

■ シミが出来てしまう原因

汗シミは特に脇の下にできることが多いですが、この原因はアポクリン腺といわれる汗腺から出る成分です。

この汗腺から出る汗にはたんぱく質や糖質、鉄分など色々な成分が含まれていますがこれが色や臭いの元です。

この成分が強ければ強いほど色素も色濃くなりますので、結果的に汗染みとなってしまうのです。

ですので黄ばみの色が濃ければ濃いほど、汗線から出ている成分が強いという事になります。

+Ag配合の制汗剤などは使いすぎると逆にシミになってしまう可能性があります。対策としては服を着たままスプレーはしない、またスプレーする量を最小限にしましょう。

スポンサーリンク

これはなぜかというと制汗剤の成分には殺菌力がありますのでこれによりいい菌が死滅してしまい、逆に悪い菌を増殖させてしまう場合があるからです。

このような時には制汗剤の種類を変えてみるのもひとつの方法ですが、使いすぎてしまうと逆効果になる場合がありますので注意しましょう。

黄ばみができてしまう原因には多汗症になっている場合も多いです。汗を異常に多くかいてしまうような状態の場合は多汗症の可能性があります。


■ 多汗症の原因と改善策

多汗症の原因にはさまざまありますが、極度の緊張やストレスを感じていたりするとなりやすいです。対策としてはいつも心をゆったりとさせ、リラックスした精神状態でいることも大切です。

またお酒好きで毎日多くの量を飲んでいたり、肉類が好きなど食生活にも原因がある場合があります。辛いものやスパイスのとり過ぎによっても多汗症になってしまう場合がありますので気をつけましょう。

一時的で個人差はありますが、ボトックス注射で汗を押さえることもできます。また症状がひどい場合には専門医による手術で汗腺を摘出することで改善することができる場合もあります。

汗シミの効果的な予防法

大切な衣類を守る為にも気になる場合は使い捨ての脇汗パットを使うのも効果的な場合もありますが、そもそも汗をあまりかかないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

応急処置でデオナチュレなどの制汗スプレーが効果的な場合もありますが、こちらでは根本的な汗シミ、黄ばみの予防策をご紹介していきますね。+Ag配合の制汗剤を使うと逆に黄ばんだり黒ずんでしまう場合もありますのでここではりますが、

そもそも汗は体から出た老廃物が肌の上で雑菌となり、においを出してしまいます。

これが汗染みになるのですが、汗はかいてから1、2時間の間に拭き取ってしまえば菌の繁殖が防げますので、汗染みにもなりにくいです。

衣類ですが夏場は特に黒やネイビーなどは汗染みが比較的目立ちにくいですね。また単色よりも色柄物にするとさらに目立ちにくくなります。

アンダーシャツを着るというのもひとつの方法です。また汗をかいてしまったらこまめにふき取るようにすることも大切ですね。

その場合は乾いたタオルよりも濡れタオルやウェットティッシュを使う方が良いです。

■他にも汗に関するお悩みが解決できるノウハウ&まとめ記事をご紹介しています。
⇒こちらから読む

まとめ

1、ご家庭での洗濯時には必ず洗濯表示を確認して汗染みの黄ばみを取る方法「おためし順」をぜひ参考にしてみてください。

2、シミが出来てしまう原因や多汗症の原因と改善策を参考にして根本から解決しましょう。

3、+Ag配合の制汗剤は染みになりやすいので要注意、予防法を参考にして汗染みを防ぎましょう。

スポンサーリンク

-健康・病気, 生活のハウツー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

汗の臭い。その原因と多汗症、応急処置対策、ワキガ治療&予防法

夏場の営業の仕事はとにかく過酷。汗っかきなので外を移動しているとひっきりなしに汗が流れ出てきてもう大変!しかもこの汗が臭うので職場に戻るたびに上司や同僚から冷たい目で見られてしまう・・・ スポンサーリ …

赤ちゃんが熱中症になった場合の症状や原因、応急処置と予防対策

どうしても必要な物があり夏場の屋外に出てお買いもの。ベビーカーで赤ちゃんと一緒に炎天下の歩道を歩いているとなんだか赤ちゃんの様子がおかしい・・・元気がなく顔も赤らんでる!こんな状態の場合は熱中症の疑い …

夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。10の症状と4つの原因

猛暑の夏場。最近どうも体がだるくてしかたない・・・これって夏バテかなぁ?夏バテは熱中症の初期症状にも似ているので要注意です。こちらではそんな場合に役立つ夏バテ改善の為の食事と効果的な予防法。主な10の …

砂糖が固まらない保存方法と保存容器&スプーン紹介。健康効果や糖分摂取と糖尿病・肥満の関係は?

料理を作っている最中、調味料で砂糖を使う時、砂糖の保存容器を開けてみたらガチガチに固まっていた。そんな経験はありませんでしょうか?いざ使いたいときに固まってしまっていては時間がない時に急ぎで料理を作り …

夏風邪対策。原因と普段からできる予防法、早く治す方法と過ごし方

世間ではよく「風邪は万病のもと」といわれていますね。たかが夏風邪だと思っていても思わぬ病気に発展してしまう可能性がありますので注意が必要です。こちらでは夏風邪対策、風邪をひいてしまう原因と睡眠不足の関 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら