暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

花火大会

花火大会で迷子になってしまった時の対処法と対策、グッズ&アプリ紹介

投稿日:

花火大会などのイベント、観光や遊園地などに子供と一緒に出かけると急に子供さんがいなくなってしまい、迷子になるという思わぬハプニングなども起きがちです。

このように自分の子供がもし迷子になってしまった場合にはどんな対処をすればいいのでしょうか。

こちらではそんな時に役立つ花火大会で迷子になってしまった時の対処法と迷子にならない為の対策、さらに迷子を防止するグッズ&アプリをご紹介します。

スポンサーリンク
  

花火大会で迷子になってしまった時の対処法

まず花火大会のイベント会場や観光地などで子供が迷子になってしまった場合にはまずその場所や施設のスタッフ、管理者、もしくは係員に連絡します。

同時に花火大会のメイン会場付近や夜店や露店のおもちゃを売っているところなど、子供が行きそうな場所を探しましょう。

デパートなどの場合はまだそんなに遠くには行っていないのでまずいなくなった周辺を探してみましょう。

おもちゃ売り場やゲームコーナーなどの子供が行きそうな場所も探します。

それでもし見つからないような場合には、大抵のデパートや観光施設には迷子になった子供の対応をしてくれる「迷子センター」が存在します。ので迷子センターのサービスカウンターで館内、または園内放送で迷子のアナウンスしてもらいましょう。

この時、名前、年齢、性別、身長、髪型、洋服の色や特徴など、子供の特徴を詳しく伝えましょう。そして見つかるまで係員さんの指示を仰いで待機しましょう。

もし見つかった場合には保護者を呼び出すアナウンスをしてくれますので、親御さんも係員のアナウンスを聞き逃さないようにしておきましょうね。

もし施設の外や街中などで迷子になってしまった場合には近くの交番、または警察署に連絡しましょう。

交番で警察官が子供を保護してくれた場合には、名前や電話番号を聞かれますので子供には普段から自宅、携帯の電話番号を書いたものを持たせておくと対応もスムーズです。

■子供が迷子になってしまった時の対処法

・キッズケータイなどの携帯電話を持たせている場合には繰り返し電話をする
・施設管理者、スタッフ、係員に報告する
・迷子のアナウンスを依頼する
・いなくなった場所近くや子どもが行きそうな場所を探す

花火大会で迷子にならない為の対策をご紹介

さて、こちらでは花火大会で迷子にならない為の対策方法をご紹介します。

迷子防止や子どもの安全確保の為にキッズケータイを持たせるのは効果的ですが、もし持たせられないような場合には次の対策をしておきましょう。

まず必ず手をつないでおいたりして子供を一人にさせないことが大切です。それでも移動したりしているうちにふとした拍子に子供と離れてしまう事もあります。

こういった時の為に普段から一人きりで迷子になってしまうことの怖さを子供に教えておきましょう。

スポンサーリンク

迷子になるのは花火大会などのイベント会場や観光地などに出かけた先の場合が多いのですが、出かけた先で迷子になった時の為にあらかじめ集合場所や時間を決めて子供に伝えておくのも効果的です。

子供のバッグに鈴をつけたり、子どもの身元がわかるネームタグをつけておくともし万が一迷子になってしまっても見つかりやすくなりますのでおすすめです。

この場合にはネームタグに子供の名前、住所と一緒に親の携帯電話番号を書いておくとより迷子になった時、早く見つ付け出す事ができます。

そして何よりもし迷子になった時にはどうするかを子供に話しておくことが大切です。

係員さんの特徴を伝えて、実際に身なり等を見てもらい、迷子になったら子供からすぐに係員さんに声をかけられるようにしておきます。

そして知らない人からお菓子などをもらったり絶対についていかないようにする事も大切です。

花火大会での迷子を防止するグッズ&アプリ紹介

前の章でご紹介しましたネームタグ、キッズケータイや迷子防止ひも付きのリュックサック、迷子防止アラーム、迷子防止グッズを活用するのも効果的です。

特にキッズケータイはどこにいてもすぐに連絡できるので便利です。ネームタグには子供の名前と住所、緊急連絡先として自宅ではなく親の携帯電話番号を記載しておきましょう。

GPS機能つきのスマホを持たせておくのもいいですね。普段から携帯電話を持たせていなくてもお出かけなどの迷子になりそうな時にだけ持たせておくというものアリです。

■迷子防止グッズ一覧

・ネームタグ
・キッズケータイ
・迷子防止ひも付きリュックサック
・迷子防止アラーム
・GPS機能つきスマホ

スマホの迷子防止アプリを使うのもいいですね。

■迷子防止アプリ「imacoco!search(イマココサーチ)」

まとめ

さて、こちらでは自分の子供が迷子になった場合の対処法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

あせる気持ちもわかりますが、もし子供さんが迷子になってしまった場合には落ち着いて対処していきましょう。

逆に迷子の他人のお子さんを見つけた場合の対処方法としましては次の様になります。

まずは迷子の子の回りを確認して本当に親御さんがいないのかを確認します。

そして子供さんに声をかけますが、この時には子供さんを怖がらせないようにします。

こんな時には親が探している場合が多いのでその場所の係員さんに報告する為に移動しますが、この時にもし待機する場合には出来るだけ目立つ場所に移動しましょう。

係員さんに報告したら待機する場所等の指示を仰ぎます。

迷子の子供さんはとにかく不安でいっぱいですので安心させてあげるような対応をしておげるといいですね。

スポンサーリンク

-花火大会
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長岡まつり大花火大会の宿泊施設から穴場スポットまでの交通アクセス

家族総出で花火大会。見るのは楽しいけど行き帰りがほんと混雑するんだよねぇ・・・多少の混雑はしかたないとしてもできるだけスムーズに移動できるルートってないのかなぁ・・・ スポンサーリンク そんな時におす …

鎌倉花火大会の穴場探し。日程とアクセス、穴場スポット&見どころと駐車場選び

今度の夏休みに彼女と鎌倉の花火大会に行くことになったけど、混雑するのはイヤだし、いい雰囲気で静かに見れる穴場スポットや移動しやすい駐車場はどこかないかな?! スポンサーリンク そんな時に役立つ鎌倉花火 …

大曲の花火の穴場探し。日程とアクセス、穴場スポット&駐車場選び

大曲の花火に行きたいけれど、できれば混雑に巻き込まれたくない・・・行き帰りをスムーズに移動できるような駐車場や穴場スポットってないかな・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ大曲の花火の穴場探し。日 …

みなとこうべ海上花火大会が部屋から見える穴場の宿泊施設の特徴と交通アクセス

みなとこうべ海上花火大会は2017年8月5日(土)に約1万5000発の花火が神戸港の海に映し出されるまさに幻想的な花火大会です。 スポンサーリンク そんな夏の人気イベント会場までは家から遠いのでぜひ泊 …

足立の花火が部屋から見える穴場の宿泊施設の特徴と交通アクセス

足立の花火は2017年7月22日(土曜日)に荒川河川敷から約1万2000発打ち上げられる迫力ある花火大会。 スポンサーリンク そんな開催時期が早く夏先取りの花火大会に今年は一泊で行きたいけれど、打ち上 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら