暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

引越し

引っ越しの際の家探しポイントはコレ!賃貸物件の内覧方法やトラブル紹介

投稿日:

引っ越し先の新居選びはなかなか見つけ方が難しいものですね。

ここではそんな引っ越し先の物件選びのポイントと私が実際に経験した新居選びの方法や引っ越し後に移転先での実際にあったトラブルなどをお話します。

少しでもいい物件にお引っ越しができるよう、ぜひ確認してみて下さいね。

スポンサーリンク
  

引っ越し時の家探し。賃貸物件の探し方紹介

まず引っ越し先の物件契約についてですが、現在職についていないと借りる時の審査が厳しいようです。ですので転職などで一時的に無職になる場合は、前職に籍があるうちに契約するようにしましょう。転職先が決まっている場合はそちらの籍でもOKです。

それでは私が昨年引っ越しをした際の体験談をお話しますね。

自分の場合は、ゆくゆくはかなり高齢になってきた父親と同居するということをまず視野に入れて少し広めの賃貸物件を探しました。

結果同じ県内で、父親の住む実家にも近いところに家を借りたのですが、その際に決め手になったのは、まず広さですね。親子といえどもひとつ屋根の下に暮らしていればなにかと衝突するような場面も出てきます。そんな時少しお互いの距離を置いて暮らせるような余裕をもった広さが欲しかったというのが正直なところです。

借りた物件は古い家なのですが3LDKの一軒家です。部屋のひとつは父親用、もうひとつは自分用、そしてもうひとつは東京で暮らす妹が帰省した時用の部屋です。リビングは食事をしたり、このくらいの部屋数があればくつろいだりと父親と一緒に過ごせますし、お互いのプライベートも確保できますね。

そして忘れてはいけない大事なことが「家賃」です。背伸びしてあまり高額な物件を選んでしまうとのちのち家賃の支払いが大変になってしまうので、月々の収入に合わせて余裕をもった支払いができるような家賃設定が望ましいと思います。

家賃は口座引き落としが多いので、事前に銀行口座の用意が必要です。ネット銀行などはNGにしている場合もありえますので、できれば都市銀行や地方銀行が望ましいと思います。

あとは駅へのアクセスや交通の便がいいかどうかです。これは意外と見落としがちになってしまうかと思うのですが、実際に暮らしてみるとこれがかなり大切です。普段買い物をするスーパーマーケットやお店などが家から遠いと行くだけで時間をとられてしまいます。あらかじめ物件の周囲のストア状況や駅へのアクセスを確認しておくといいと思います。意外と近くにあると何かと便利なのがDIYホームセンターです。

もうひとつ大事なのが「緊急時に深夜診察などが受けられる病院へのアクセス」です。地方などでは大きな市民病院などが近いと緊急の場合、非常に役立ちます。自分の場合は父親が高齢でいつ何があるかわかりませんので、これを第一に考えました。幸い、市民病院へのアクセスは車で10分と好立地条件でしたので今のところ利用はないですが、やはり何かあっても大丈夫という安心感がありますね。

引っ越し時の家探し。内覧はした方がいいの?

引っ越し先の家探しで最近はネットで不動産などの物件は見る事ができますし、図面で間取りも見られます。しかしこれだけで決めるのはいささか危険です。それはなぜかといいますと、実際に物件を見てみると思わぬ住みにくさや不便さが見つかることも多いのです。私の場合も実際に借りる家を事前に見に行きました。

新築の建売住宅などは内覧会といって実際の家の見学できる催しがあるのですが、賃貸の場合はなかなかこういう機会がありません。でも物件を管理している不動産会社に事前に連絡すれば、都合のいい日に合わせて物件を見させてもらう事ができます。

スポンサーリンク

私の場合は3件の物件を見させてもらい、不動産担当の社員の方が車を用意してくれて各物件ごと色々とていねいに教えてくれました。結果一押し候補だった家は外見は綺麗なのですが、家の中に入ると床が多少沈む場所があったり、木造で雨漏りのシミがあったりとあまり良くない物件でした。こういったことも実際に見てみたからこそわかる事です。

そして賃貸物件には敷金礼金というものがあります。最近の物件によってはマンションやアパートなどは敷金、礼金はない物件もあるのですが、一軒家の賃貸物件だとほぼ敷金礼金があります。敷金は借りた家に損傷や不具合が出てしまった時の費用です。礼金は大家さんへのお礼の意味があり、昔からあるシステムです。この敷金礼金も物件ごとにかなりの差があるので、事前に確かめておきましょう。

さらに賃貸物件の場合はいざという時の為に火災保険の加入することが必要です。これは不動産会社かた提示される書類などで契約します。物件の大きさやつくりによっても違うのですが年間で約1、2万円の物件が多いと思います。

引っ越し時の家探し。転居先でのトラブルあれこれ

さて、実際に引っ越しを済ませて暮らしてみると、完璧だと思っていた物件にもボロが出てくる場合があります。私の場合、半年ほど暮らしていたある日、台風が来た時がありました。するとキッチンの上から大量の雨漏りが!実際木造で古い家でしたので、屋根の一部が傷んでいたと思われます。すぐに不動産会社経由で大家さんに連絡してもらい、すぐに修理を依頼しました。程度にもよるかと思いますがこの場合の修繕費用も全額先ほど出てきました敷金で直してらいました。やはりこんな時の為に事前に敷金を支払っておけば安心ですよね。

そして入居した時には気がつかなかったのですが、春先から夏にかけて家の周りにかなり雑草が多く生えてくることに気づきました。お隣の家との通り道になっていることもあり、マメに草刈りが必要です。道はコンクリートで舗装されていない為、雑草も生え放題です(汗)

実はしばらく雑草は気にとめていなかったところ、お隣の住人さんから草を刈って欲しいと直接不動産会社に連絡があったそうです(汗)この事実を知らされて翌日には手土産のお菓子を持って、お詫びのご挨拶に行きました。

一軒家だとこういうご近所づきあいも出てきますので、苦手ならお隣さんもほとんど気がねしないマンションやアパートの方がおすすめです。

この時は幸い大家さんがかなり伸びきった雑草を刈ってくれる業者さんを依頼してくれまして一度に3、4人のスタッフさんが来て一瞬で綺麗になりました。それからは普段からマメに刈っていれば業者さんに頼むまでもない草の量なので、いつも気にしてマメに刈るようにしています。ちなみに除草剤はその強さにもよりますが市販のものはまいてもすぐに生えてきてしまう場合が多いので気をつけて下さいね(汗)

最後にもうひとつ。これは引っ越しをしてから気づいたのですが、引っ越し先の家は地方なのですが、国道から150mほどの立地になります。昼間は気にならないのですが、夜になると車の通る音が結構気になります。もう少し道路に面していたら、うるさいと感じていたかも知れません。こういった事も事前チェックが必要ですね。

■他にも引越しに関するお悩み解決できるノウハウ集&まとめ記事を紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒こちらから読む

まとめ

いかがでしたでしょうか?ひと口に新居物件探しといっても、家探しには色々な要素があります。すべてをクリアにする物件というとなかなか難しいかもしれませんが、長く住むかもしれない家ですので、あなたなりにこれだけは譲れないという項目をピックアップして事前にチェックしてみるといいと思います。こういった項目チェックによりなるべく住みごこちのいい物件で快適な暮らしができるといいですね。

スポンサーリンク

-引越し
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引っ越し時の手続きあれこれ。住民票移転や市民税支払い方法と各種保険紹介。

引っ越し時には市役所に行き住民票を移したり、市民税の支払い先市町村を確認したりと色々な手続きが必要になります。そんな時に迷わないためにこちらを参考にされてみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク 引 …

引越し時の幼稚園の探し方ポイントや入園手続き、子供へのフォローはどうするの?

家族に幼稚園児や保育園児がいれば引っ越すと当然、転入先の市町村近くで新たな幼稚園に通うことになります。そんな時のために転入先の幼稚園の探し方をご紹介します。 スポンサーリンク また幼稚園児は転園して新 …

引っ越しの挨拶について。ご近所訪問の際のマナーは?手土産は必要?

引っ越しの際にはご近所への挨拶回りをしなきゃ・・・ スポンサーリンク 今まで住んでいた場所で色々とお世話になったご近所さんにも挨拶、そして転居先のご近所さんにも今後お世話になりますという挨拶は今後のご …

引越しに関するお悩み解決できるまとめ記事&ノウハウ集

引越しに関する準備内容や手続き内容などのお悩みを解決できるまとめ記事&ノウハウ集を紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。 1、引っ越しするなら必見。暦での良い日や方位、風水を紹介 けっこう気にな …

引っ越し時の不用品はどうするの?分別や処分、買取方法を紹介

お引っ越しには何かと不用品が多く出ててくることがありますよね。そんな不用品が実はお金になるって知っていましたか?! スポンサーリンク ここでは不用品をお金に変えて、引っ越し資金を抑える方法やいらないも …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら