暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

アウトドア

キャンプでテント設営する時の注意点と場所選び、雨天時のポイント

投稿日:

いよいよアウトドアシーズン到来ですね!キャンプでのバーベキューなどは本当に楽しいものです。

でもキャンプではテントを設営することになっているのだけど、何か注意することはあるのかな?実際どこに設営したらいいの?

そんな時に役立つキャンプでテント設営する時の注意点と場所選び、雨天時の設営注意ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

キャンプでテント設営する時の注意点ポイント

テント設営にはペグ打ちなどもあり、以外と体力を使いますので一人用のテント以外は数人で行うのが理想です。

初めての場合、テントは設営が簡単でインナー二重構造で2ルームのものを選ぶと荷物置き場もでき、片づけも楽ですのでおすすめです。

それではテント設営の際の注意点をご紹介しますね。

テントの設営作業は2人以上で行いましょう。作業自体はけっこうな作業量になり出来あがるとかなり大きなものになりますので一人では厳しいです。

作業時の人数は多ければ多いほどしっかりと設営できるのでいいですね。

そしてテントの入り口は風下にしましょう。これはテントに出入りする際にホコリや雨が中に入りこまないようにする為です。

テントにはたるみが出ないようにするのがポイントです。たるみがあると雨水がたまってしまいますので気をつけましょうね。適度にハリを持たせるといいでしょう。

【 アスファルト上でのテント設営ポイント 】

アスファルト上にテントを設営すると底に穴が空きやすいのでテント下にブルーシートを敷いて補強するといいです。

ペグが打ちこめない場合は自立式テントなら重い石をテント内部の端に置いてテントを固定しましょう。

また土の地面よりも冷えやすいので気をつけましょう。

それではここでテント設営方法を解説した動画をご紹介しておきますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

■テントの設営方法 「タフワイドドームⅣ/300」 | コールマン

キャンプでテント設営する時の場所選び

さて、注意点がわかったところでさっそくテントを設営する場所決めですが、危険を伴うので決して設営してはいけない場所がありますのでここで紹介しておきますね。

【 テント設営してはいけないNGな場所 】

■湿気の多い場所 

スポンサーリンク

虫が出やすいので地面を触り湿気があるか、または水たまりのあとがないかをチェックしましょう。

■水場から離れた場所 

料理をする際や片づけ時、不慮の出火時など水は必ず必要ですので水場に近い場所を選びましょう。

■傾斜のある場所 

傾斜があるとゆっくりと寝られなかったり落ち着いて過ごせないので気をつけましょう。

■川の近くの場所 

上流に雨が降ると急に増水してくる可能性があり危険です。事故の多い中州もNGです。

■崖の下 

落石や崖崩れが起こる可能性がありますのでNGです。

■大きな木の下 

大きな木は落雷を受けやすいので天気によっては危険ですが、木陰で過ごしやすくなったり雨風を避けられるという利点もあるので天候と相談しましょう。

■風が吹き抜ける場所 

テントは強風に弱いので複数の木などがある風が吹き抜けない場所を選ぶのが正解です。

*テント設営には日陰や複数の木がある木陰で水はけのいい場所を選びましょう。

キャンプでテント設営。雨天時の注意点ポイント

こちらでは雨の日のテント設営の注意点をご紹介します。雨の日の設営には以外と時間がかかりますので時間的に余裕をもった設営計画を立てる事が大切です。

まずテントの下に大きなシートを敷いておくと、浸水や水漏れを防げます。またテント回りを掘って水路を作っておくと雨水の通り道ができるので浸水対策になります。

テントとタープの連結させておくと濡れずに移動できるので便利ですね。この際にはタープの端に傾斜をつけて雨水を流すように設営するといいですね。

そして雨で地面がぬかるみ打ち込んだペグが抜けてしまう可能性がありますので、打ち込んだペグの上に石を乗せて抜けないようにするのもポイントです。

雨の日のテント撤収はかなり大変になりますので、あらかじめ防水加工の大きなバッグを用意しておき、これに入れるようにするとスピーディーに作業できます。

大雨の中作業するのは困難ですので、雨がやむまで少し待つというもの得策ですね。

雨に濡れたテントはカビの発生を防ぐため、撤収後にかならず乾燥させておきましょう。

まとめ

張り綱とペグはテント設営の際に大切なのですが、付属品のものはあまり良いものがついてきませんのでできれば新しく別に購入しておくといいです。

テントを購入する時に一緒に買っておくのもいいですね。

テント設営も最初はうまくいかない場合も多いと思いますが、作業はあせらず慎重に行いましょう。

キャンプでのアウトドアライフを思い切り楽しんでいい思い出づくりをしてきて下さいね♪

スポンサーリンク

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バーベキューでの七輪の選び方とメリット・デメリット、七輪以外におすすめの焼き台紹介

七輪は食材を美味しく調理できるスグレものです。夏場の野外バーベキューに七輪があると大活躍してくれます。 スポンサーリンク 「今年の夏は七輪でバーベキューをしたいけれどどんなものを選べばいいの?」 そん …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら