暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

アウトドア

バーベキューでの七輪の選び方とメリット・デメリット、七輪以外におすすめの焼き台紹介

投稿日:

七輪は食材を美味しく調理できるスグレものです。夏場の野外バーベキューに七輪があると大活躍してくれます。

「今年の夏は七輪でバーベキューをしたいけれどどんなものを選べばいいの?」

そんな時に役立つバーベキューで失敗しない七輪の選び方とメリット・デメリット、バーベキューコンロの選び方注意ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

バーベキューで失敗しない七輪の選び方

こちらではバーベキューをする為の七輪の選び方をご紹介します。七輪の素材には大きく分けて珪藻土(けいそうど)でできている物とセラミック製の物があります。

珪藻土でできている七輪には切り出しと呼ばれる高級品もありますがバーベキューにはそれほどの高級品は必要ありません。

珪藻土の物もセラミック製の物も千円台からあり比較的安価で購入することができますので新規でバーベキューコンロを購入するよりもずっと安上がりです。

■珪藻土の七輪とセラミック製の七輪の違い

珪藻土の七輪とセラミック製の七輪の違いについてですが、昔ながらの珪藻土のものは赤外線を出して保温効果もかなり高く炭の効果により美味しく調理することができます。

一方でセラミック製の七輪というのはこういった珪藻土の七輪の性能に近付けるべくしてつくられたいわばレプリカのような意味合いで造られているものです。

セラミック製の物はもはや七輪というよりもコンロに近いといったところでしょうか。ですので商品によっては珪藻土の七輪のような性能まで至っていない商品があるのも事実です。

セラミック製の七輪もいいものがありますが、当たり外れがありますので、セラミック製よりは昔ながらの珪藻土の七輪はやはり性能がいいですので新しく購入するにはおすすめです。

バーベキューで使う七輪のメリット・デメリット

バーベキューに七輪があると大変便利ですが、メリット・デメリットがありますので、選ぶ際は十分に検討されてみるといいですね。

新しいバーベキューコンロを購入するよりも比較的安価で購入できるのも七輪のいいところです。炭にも比較的楽に火をつけることができ少ない炭でも強い火力が得られます。そして何より炭の効果によって食材を美味しく調理することができるのでおすすめです。

■七輪のメリット 

・食材を美味しく調理できる
・持ち運びに便利
・こわれにくい
・燃料が節約できる
・手入れが簡単
・耐久性に優れている
・バーベキューコンロより安価で購入できる

スポンサーリンク

一方そんな七輪にもデメリットがあります。網の面積は比較的狭いので大人数のバーべキューには向きません。また七輪には高さがないので立って調理するのに不便なところもあります。コンロのように火力調節ができないのもデメリットです。

■七輪のデメリット

・網の面積が狭い
・コンロのように細かい火力調節ができない
・高さがない
・持ち運びの際に注意しないと割れてしまう場合がある
・熱がすぐに冷めない
・大人数のバーベキューには向かない

■その他にも「七輪の選び方や使い方に関する疑問やノウハウ集&まとめ記事紹介」をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒こちらから読む

バーベキューで使う七輪以外におすすめの焼き台紹介

前の章で七輪のメリット・デメリットについて紹介しましたが、大人数でのバーベキューや高さが欲しい場合には七輪の他にバーベキューコンロが便利な場合もあります。

バーベキューコンロでも炭を使う事ができるので比較的美味しく調理する事ができます。

こちらではそんな時の為にバーベキューコンロの選び方についてもご紹介しておきますね。

バーベキューコンロには足を装着することで高さをつけられる物もあります。屋外でのバーベキューは立って調理することが多いので足によって高さがつけられるコンロの方が便利です。

人数によって食材を乗せる網の大きさが変わってきますので、人数分の食材を十分に乗せられる網のサイズを選ぶのもポイントのひとつです。

炭を簡単に出し入れできる引き出しがついているものを選ぶとすぐに炭を追加する事もできるので大変便利です。

コンロには網の高さが変えられるものもあります。これによって火の加減が調節できるようになっていますのでこの機能もついていると大変便利です。

■バーベキューコンロを選ぶ時のポイント

・高さの確認
・網の大きさは利用人数に合っているか
・炭を出し入れできるか
・網の位置は変えられるか

まとめ

七輪はまさに万能調理器具です。なにしろ炭の効果によっていつもの食材がかなり美味しく調理できるので食通の方などにもおすすめです。

野外でのバーベキューをする場合は小さい場合もありますので七輪やバーベキューコンロなど人数に合わせた物を選ぶといいですね。

ちなみにバーベキューコンロの裏技ですが、片側だけに炭を入れておいてもう片側は保温用に開けておくと食材を焦がさずにうまく焼くことができますので便利です。

ぜひ夏のひととき、皆さんで野外バーベキューを楽しんできて下さいね♪

スポンサーリンク

-アウトドア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャンプでテント設営する時の注意点と場所選び、雨天時のポイント

いよいよアウトドアシーズン到来ですね!キャンプでのバーベキューなどは本当に楽しいものです。 スポンサーリンク でもキャンプではテントを設営することになっているのだけど、何か注意することはあるのかな?実 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら