暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

生活のトラブル

非常水を確保する時に困らない必要量と保管場所&賞味期限と購入方法

投稿日:

近頃は地震や台風などの自然災害も多くなってきて防災グッズの売れ行きも年々上がってきています。国民のみなさまもそれだけ危機意識が高くなってきているという事ですね。

いざという時の為に必要な非常水。でも実際にはどれくらいの量を準備しておけばいいの?賞味期限や保管方法は?買い方は?

そんな疑問を解決できる非常水を確保する時に困らない必要量や保管場所、気になる賞味期限と購入方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

非常水を確保する時に困らない必要量はどれくらい?

非常水を確保しておく量は「1人1日約3リットル×1週間分」です。この量を家族分用意しておけばまず安心です。

この量の算出方法ですが、汗やトイレ、皮膚呼吸などで成人の大人一人が1日に排出している水分量は約2、5リットルになります。ですので1日に必要な水分量もそれを補う量になっています。

内閣府や消防庁のガイドラインでは3日分の準備を促していますが、地震の影響のある地域では1週間分の準備を促進しています。

飲料水以外ではお風呂の水をすぐに抜かずに普段から浴槽に溜めておくようにすると、いざという時に体を拭いたり、手洗いで洗濯することもできますので便利です。

非常水を確保する時の保管場所の注意ポイント

保管場所ですが、家族全員分の保存水を保管しておくとなるとかなりの量になりますのでそれなりの場所の確保が必要になります。

これには注意ポイントがあります。それは「1か所にまとめて保管しない」という事です。

これはなぜかといいますと1か所に保管しておくと地震などで保管場所が崩れてしまったり、部屋に閉じ込められてしまった場合にはそこに保管してある全部の保存水が使えなくなってしまう可能性があるからです。

ですので各部屋や玄関、物置き、階段下などに分けて保管しておく事が大切です。ペットボトルは衝撃に弱く、つぶれやすいですので地震で崩れてしまった時に影響を受けにくい強度のあるコンテナやストッカーなどに入れておくのもおすすめです。

地震の際になるべく影響を受けない場所に置いておく事も大切ですね。

非常水を確保する時の賞味期限と購入方法は?

■保存水の賞味期限と期限が過ぎた保存水の活用方法

災害などの場合の非常用保存水は5年や7年、10年という長期保存の水もありますがお値段が高めになります。

通常のミネラルウォーターの一般的な賞味期限は約2年です。2年というには長いようで案外すぐに来てしまいます。

スポンサーリンク

もし賞味期限が過ぎてしまった場合でも品質は保持されていて十分に使えますので捨てずに料理に使ったり、沸騰させて使ったりするのがおすすめです。

それでも心配な場合は掃除や植木の水やりに使うのもいいですね。

非常水は賞味期限が過ぎる前に生活水として使ってしまいサイクルを作っておくといざという時に賞味期限が過ぎていたという事態を避けられますのでおすすめです。

これはローリングスストック法といい最近では保存水や保存食に使われ、さらに注目されてきています。

いずれにしても非常水を確保したらまめに賞味期限をチェックするようにしましょう。

■保存水の購入方法は?

5年や7年、10年など賞味期限の長い非常用の保存水はミネラルウォーターの専門サイトや楽天、アマゾンなどのネット通販などで販売されています。

購入時期によっては割引セールなどもありますのでこれらを利用すれば安く購入できるので販売ページをチェックしてみて下さいね。

でもいつ使うのかわからないものだし、わざわざ買うのも気が引けるといった時に楽天ショッピングなどでポイントが貯まっている場合にはこのポイントを利用して保存水や保存食を購入しておくのもいいですね。

楽天の購入履歴を見れば購入した日にちがわかりますのでこのページで賞味期限のチェックもできますね。自宅にいながら購入する事もできるので大変便利です。

健康食品サイトやドリンク販売専門サイトなどでも販売されていますので、緊急事態の為にぜひチェックされてみて下さいね。

■その他にも「非常食の選び方。美味しさ・栄養価・保存性・新製品おすすめランキング」をご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね。
⇒こちらから読む

まとめ

さて、こちらでは非常水を確保する時に困らない必要量や保管場所、気になる賞味期限と購入方法をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

保存水を保管しておく場合には一緒に野菜ジュースや缶のスポーツドリンク、缶コーヒーなども保管しておくようにすると水分補給と同時に栄養や糖分も摂れますのでおすすめです。

災害は忘れた頃にやってきます。ですので普段からどれだけ準備しているかがカギとなりますね。

「あの時準備しておけばよかった!」などどいう事態にならないようにご紹介しました保存水のノウハウをぜひ参考にして頂いていざという時の為に備えましょう。

スポンサーリンク

-生活のトラブル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

非常食の選び方。美味しさ・栄養価・保存性・新製品おすすめランキング

いざという時に助かる非常食は普段から準備しておきたいものです。でもどうせなら美味しくて日持ちのする非常食を準備しておきたいですよね。 スポンサーリンク そんな時の為に役立つオフィス防災EXPO「日本災 …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら