暮らしの読み物、ヘルパーマンの生活お悩み解決

生活お役立ち情報やあなたの日々の暮らしの中での知りたいこと、お悩みなどをズバリ解決します♪

結婚式・ブライダル

結婚式のお呼ばれ服装マナー。タブーなNG服装と注意ポイント紹介

投稿日:

大切な友人が結婚式に招待してくれた♪嬉しさ反面、そんなお祝いの席に着ていけるような洋服は持ってない!どうしよう・・・急いで用意しなくちゃ!でも実際どんな服装で出席したらいいの?

そんな時に役立つ結婚式のお呼ばれ服装マナー。タブーなNG服装と注意ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
  

結婚式のお呼ばれ服装マナー。何を着て行けばいいの?

結婚式のお呼ばれの服装で一般的なのはワンピースまたはドレスですね。親族として出席する場合にはスーツでもOKです。結婚式用のワンピースやドレスは無地でもいいですが、その場合は華やかなデザインのものにしたり、コサージュやアクセサリー、小物などワンポイントに添えると華やかな印象になります。

あまりお金をかけたくない様な場合には今持っている小物類を使ってコーディネートしてみるのもいいですね。

ワンピースやスーツはドレスよりもやや地味めになりますので、結婚式であまり目立ちたくない場合やお子様連れで動きやすさを重視したい場合などにおすすめです。

どちらの場合も色は喪服をイメージさせる黒は避け、適度に華やかで上品なものを選ぶといいですね。

ドレスやワンピースについては新婦さんのドレスの色とかぶらないように事前に確認しておきましょう。

またフォーマルなスーツもミセスの方などに人気でおすすめですが、この場合もやはり黒は避けましょう。

着物を着ていくのもいいですね。着物は親族のみなさんも着られますのでこちらも艶やかな印象の色や柄のものを選ぶのがおすすめです。

またできれば服装に合わせて髪型にも変化をつけなるべく華やかさを演出しましょう。

結婚式のお呼ばれでタブーな服装はコレ!

ドレスは結婚式におすすめなのですが、基本的に肩が出ていたり、必要以上に丈が短かかったりする露出が多いものは避けた方が無難ですね。

ドレスの長さは基本的にひざ丈までのものが無難です。あまりに長いロングドレスはどちらが新婦さんかわからなくなってしまいますので避けましょう。

もしこういったデザインのドレスを着たい場合にはストールかボレロなどの羽織物を使いましょう。

ジーンズやニット生地素材などのカジュアルな服装もタブーですね。かといって新婦さんより派手になってしまうようなデザインや色使いのドレスやワンピースもNGです。

靴ですが、バックストラップのないミュールはサンダルに見えてしまい年配の参列者の方に良く思われない場合がありますので、ヒールのあるシンプルなパンプスが無難です。

スポンサーリンク

靴・バッグ・小物類には蛇革などの殺生の意味を持つハ虫類系デザインのものは避けましょう。

■結婚式でのタブーなNGコーディネート

・肩が出過ぎているドレス、ワンピース
・肌の露出が多いドレス、ワンピース
・ロングドレス(ひざ丈がおすすめ)
・派手すぎるデザインの洋服
・派手すぎる色使いの洋服
・デニムやニット生地等のカジュアルな洋服
・バックストラップのないミュール
・蛇革などのハ虫類系の靴・バッグ・小物類

結婚式のお呼ばれでの服装注意ポイント紹介

さて、前の章でワンピースやドレスがおすすめと書きましたが、ワンピースやドレス選びには注意ポイントがありますのでご紹介しますね。

ワンピースやドレスは通販などで手ごろなお値段でも手に入りますが、あまりに安いものだと生地が薄すぎたり、デザインが安っぽかったりする場合がありますので気をつけましょう。

前の章でもお話しましたが、ワンピースやドレス、フォーマルなスーツも黒のものは喪服をイメージさせるので避けた方が無難です。もし着たい場合にはコサージュやアクセサリーなどで華やかさを添えましょうね。

また白も新婦のウエディングドレスとかぶるのでNGです。ストールなどの羽織物も座った時に白いドレスを着ているように見えるので避けましょう。

他にも来賓、友人、親族、それぞれの立場で結婚式にお呼ばれした時や赤ちゃんや子供さん連れで出席する際に失敗しない服装やドレス選びに関するマナーや注意ポイントをご紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さいね♪

⇒こちらから読む

まとめ

さて、結婚式のお呼ばれ服装マナー。タブーなNG服装と注意ポイントをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

結婚式のコーディネートでもっとも大切なのがあくまで新郎新婦の引き立て役に徹する事です。かといって地味すぎてもいけませんし、逆に派手すぎるのも頂けませんね。

私の場合は友達のドレスの色が新婦とかぶってしまった場面に何度か遭遇しました(汗)

ですのでお色直しの結婚式や披露宴に新婦さんが着るドレスの色は新婦さんに必ず確認しておきましょう。

また招待状に「平服でお越しください」と書いてある場合がありますが、この場合の平服とは礼服のことで普段着のことではないので気をつけましょうね。

ぜひ華やかな装いで友人の結婚式を盛り上げてあげて下さいね♪

スポンサーリンク

-結婚式・ブライダル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚式用お呼ばれドレスの選び方。昼間・夜間・二次会に出席する場合

来月はいつも仲のいい同級生の結婚式に出席するんだけど着ていくドレスが選べなくて困ってる・・・どんなドレスを着て行けばいいのかなぁ・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ結婚式用お呼ばれドレスの選び方 …

結婚式で失敗しない服装やドレスに関するまとめ記事&ノウハウ集

こちらでは結婚式にお呼ばれした時のマナーや注意ポイント、服装やドレスの選び方、さらに赤ちゃんと一緒に出席する際に気をつける点などの結婚式の服装に関するまとめ記事&ノウハウ集をご紹介していますので、ぜひ …

結婚式招待状の返信方法マナー。出席と欠席の書き方と注意ポイント

結婚式の招待状をもらったけれど返信はがきの書き方がいまいちわからない・・・確か返信する時の書き方にはマナーがあったような・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ結婚式招待状の返信方法マナー。出席と欠 …

お正月に結婚式を挙げるのは迷惑?身内だけならOK?いつから大丈夫?

お正月には毎年親戚みんなが集まるし結婚式を挙げるにはちょうどいいかも・・・ スポンサーリンク でも友達なんかは家族旅行なんかの予定がある子もいてみんな忙しそう・・・ そもそも年末年始やお正月に挙式や結 …

結婚式に出席時のネクタイ選びのマナーと注意ポイント&タブーなNG柄

先輩の結婚式に招待されたけどネクタイは白じゃなきゃいけないのかなぁ?できたら他の色のネクタイがいいんだけど・・・ スポンサーリンク そんな時に役立つ結婚式に出席時のネクタイのマナーと注意ポイント&タブ …

お問い合わせ

お問い合わせはこちら